アルバニアの伝統音楽~アイソポリフォニー

アルバニア民衆の同音多声音楽(アイソポリフォニー)は、2005年にユネスコの「人類の口承及び無形遺産の傑作」として宣言されています。

その内容について、ユネスコのサイトより引用いたします。

 今回の旅行で鑑賞することができました。そのときの様子はのちほど投稿いたします(ひ)

アルバニア民衆の同音多声音楽(アイソポリフォニー)

アルバニアの伝統的なポリフォニー(多声合唱)は、その歌唱様式により、アルバニア北部のゲグ族(Ghegs)による歌唱と、南部に住むトスク族(Tosks)とラベ族(Labs)による歌唱の、2つのグループに分けることができます。今回の選定候補申請は、アルバニア南部のトスク族とラベ族の歌唱によるアイソポリフォニー(同音多声合唱)について提出されました。「同音(iso)」という言葉は、ビザンチン教会音楽の「ison」に関連し、ポリフォニーの歌唱におけるドローン(持続低音)を指しています。ドローンの歌唱方法には2種類があり、トスク族では、常に持続する「e」の音節で歌われ、揺れるような呼吸法を用います。一方ラべ族では、ドローンはリズミカルなトーンで歌われることもあり、歌の歌詞に合わせて歌われます。これは、ポリフォニーが2声か、3声か、4声かによっても異なります。

2声のアイソポリフォニーは、アルバニアのポリフォニーの中でも最もシンプルな形式で、アルバニア南部全域で親しまれています。アイソポリフォニーは、おもに男性が歌いますが、女性の歌い手も多くいます。結婚式や葬儀、収穫祭、宗教上の祝典、またジロカストラで開催される有名なアルバニアの民俗祭などの祭りの場といった様々な社会的行事で歌われます。

アルバニアのアイソポリフォニーの特徴は、歌が3つのパート(2つのソロパートと、ドローンによるコーラスのメロディおよびカウンターメロディ)から成っていることです。4つのパートからなる合唱も稀にありますが、それはラベ族にのみ見られます。この形式も、同様に2つのソロパートを含みますが、二重のドローン(一つはコーラス、もう一つはソロ)を伴います。ソロパートの構成は、ドローンの歌い方によって異なりますが、2つのドローンの種類の中にも様々な構成があり、特にこの音楽を演奏するすべてのグループにおいて一般的なペダルスタイルでは、その傾向が顕著です。

ここ数十年、文化観光が注目を集めはじめたことと、それに伴ってこの独自の伝統音楽を研究する団体の活動が活発化したことが、アルバニアのアイソポリフォニーの復興に貢献しています。

Albanian folk iso-polyphony

Inscribed in 2008 (3.COM) on the Representative List of the Intangible Cultural Heritage of Humanity (originally proclaimed in 2005)
Traditional Albanian polyphonic music can be divided into two major stylistic groups as performed by the Ghegs of northern Albania and the Tosks and Labs living in the southern part of the country. The term iso is related to the ison of Byzantine church music and refers to the drone accompanying polyphonic singing. The drone is performed in two ways: among the Tosks, it is always continuous and sung on the syllable ’e’, using staggered breathing, while among the Labs, the drone is sometimes sung as a rhythmic tone, performed to the text of the song. Rendered mainly by male singers, the music traditionally accompanies a wide range of social events, such as weddings, funerals, harvest feasts, religious celebrations and festivals such as the well-known Albanian folk festival in Gjirokastra. Albanian iso-polyphony is characterized by songs consisting of two solo parts, a melody and a countermelody with a choral drone. The structure of the solo parts varies according to the different ways of performing the drone, which has a great variety of structures, especially in the popular style adopted by all groups performing this music. Over the last few decades, the modest rise of cultural tourism and the growing interest of the research community in this unique folk tradition have contributed to the revival of Albanian iso-polyphony. However, the tradition is adversely affected by poverty, the absence of legal protection and the lack of financial support for practitioners, threatening the transmission of the vast repertoire of songs and techniques. The rural exodus of young people to the bigger cities and abroad in search of jobs compounds this danger. Given these conditions, at the present time, the transmission of this tradition is maintained through professional folk artists, rather than within the family structure.