「おすすめ番組」カテゴリーアーカイブ

眠れる森の美術館 撮影禁止のその先へ…7/26 日本テレビ

来たる7月26日(水)の夜、19時より日本テレビ系列で特別番組「眠れる森の美術館」が放映されますが、その際、アブダビの最高級ホテル、エミレーツ・パレスが紹介されます。
弊社代表が同行して撮影支援をさせて頂きました。面白い内容に仕上がっているとのことです。ぜひご覧ください。

【放送日時】
2017年7月26日(水) 日本テレビ 午後 7時~8時54分

以下は番組のサイト 眠れる森の美術館[字]撮影禁止のその先へ…総額15億超え!世界最高級美術品が集結より引用

番組内容

ハリー・ウィンストン1点物ダイヤ~超身近な生活用品まで!世界最高級の美術品が集結お高いのには深~いワケが…その意味と理由を徹底取材。衝撃の価格に広瀬すずも驚愕!

詳細

【ダイヤは何故高いのか…?】英・地下工房に潜入!ダイヤが原石から輝く瞬間を撮影!ハリー・ウィンストン最高級ダイヤの衝撃価格に一同騒然【信長も愛した木のかさぶた】1g(10)万円!ベトナム・ジャングル奥に眠る幻の「木のかさぶた」一体何?【アラブの人は何故お金持ち?】24時間執事2人付きスイート【パリ危険エリアの奥…秘密の市場】幻のブランド品が!【銀座No.1を争う超高額品】超有名画家がお忍びで描いた女肖像画。

「急成長で非常事態! ~ドバイを救え!健康ビジネス最前線~」7/30NHK関西

NHK大阪放送局制作、関西地方で放送されている「ルソンの壺」という番組があります。
関西企業の、“もうけの秘策”を、徹底解剖する!という等番組ですが、7月30日放送予定の「急成長で非常事態! ~ドバイを救え!健康ビジネス最前線~」では、弊社は翻訳でお手伝いをさせていただきました。
この番組が見られる地方にお住まいのみなさま、ぜひぜひご覧ください!

【放送日時】
2017年7月30日(日) 総合テレビ 午前 7時45分~8時25分 

以下は番組のサイト NHK |ルソンの壺より引用

“関西の中小企業が、金融センターとして巨額のマネーを集め、活況を呈しているアラブ首長国連邦最大の都市『ドバイ』に相次いで進出をしています。
過去数十年間で、急激な経済成長を経て、高い生活水準や多くの雇用創出などを実現しています。
今その急成長の陰で見落とされてきた人々の「健康」が、大きな問題になっています。
政府は「ドバイ健康戦略2016」を発表。国民の健康管理に力を入れ、国民の健康に対する意識は高まっています。
そこに関西の中小企業が着目。“健康”や“美容”ビジネスのノウハウを持つ関西企業がドバイで挑戦を始めています。
まだまだ知られていない中東でのビジネスその可能性を探ります。

壺ナビゲーター:シルク(タレント)“

世界カリスマ履歴ショー 5/31 テレビ朝日

みなさん、ユリゲラーを覚えていらっちゃいますか?
2017年5月31日(水)テレビ朝日では、「世界カリスマ履歴ショー」 を放送予定です。弊社はイスラエルのユリゲラーレバノン編のコーディネーションでお手伝いさせていただきました。ぜひご覧ください。

【放送日時】
2017年5月31日(水)午後7時~ テレビ朝日


【見どころ(番組のサイトより)】

世界には、その技、キャラクター、実績、行動で人々に愛され、騒がれ、時には煙たがられながらも、大きな影響を与えた「カリスマ」たちがいる。
ケタ外れに金を稼ぎ、ちょっとおバカなことに大金を使う…バカネモチ
おバカだけど型破りな人生を送っている…バカリスマ       など、
世界のカリスマたちに直撃取材!
“カリスマ”のぶっとびヒストリーを“履歴書”で紹介!
カリスマたちはなぜ“ぶっとび人生”を歩むことになったのか?
本人を現地で直撃、本人直筆の履歴書を元にその事件や出来事を紹介!その真実に迫る!

番組のサイトはこちら
世界カリスマ履歴ショー

NEWSROOM TOKYO「Syrian lives on stage」5/31 NHK WORLD

2017年5月31日に、NEWSROOM TOKYO -TV- (NHK WORLD -English)において、「Syrian lives on stage」 が放送されました。

弊社は、翻訳で参加させていただきました。
リンクよりその動画がごらんになれます。ぜひごらんください。

Syrian lives on stage – NEWSROOM TOKYO -TV- NHK WORLD -English

【放送日時】
2017年5月31日(月)

以下は番組のサイトより・・・

Actors from a theatrical troupe from Syria have taken part in a festival in Japan. Their performance brought rare insights into the feelings of people in the war-torn country.

In early May, a theatrical troupe of Syrian actors was invited to perform at a theatre festival in Shizuoka Prefecture, central Japan.

Government censorship prevents them from performing in Syria, and members of the troupe live in different countries around the world.

Late last year, they performed in Europe, and now they’ve come together again for the first time in 6 months.

The troupe’s director is Omar Abusaada. He’s a native of Damascus, the capital of Syria.

In 2011 Syrians took to the streets to protest the rule of President Bashar Al-Assad.

Civil war broke out, and over the past 6 years, more than 300,000 people have been killed and about 20% of the population has fled Syria.

The country is divided, with the capital, Damascus, under government control.

Omar chose to remain in Damascus.

“I was part of what was happening, of what started in 2011 in a way or other like a lot of Syrians. And I wanted to stay as part of this, so at least by witness what is happening. So this also one of the main reasons why I’m staying.”

But Omar says he feels as though he is under constant repression from the authorities.

“My psychological situation in Syria when you go out of Syria, now you have some distance of what is happening, and you realize yourself in different way, and now out of Syria, I realize that I was scared all the time, but because I’m used to it that I did not understand it.”

Omar says he still feels uneasy with international media coverage. The media report on the tragedy in Syria, but he thinks they have failed to convey how ordinary Syrians feel. This inspired the original idea for his play.

“I want to share this experience of fright in Damascus under the war with the audience out of Syria that they don’t know how it’s really like. Because everything come from the media and people most of the time they think that there’s nothing except bombing and killing and that’s it,” he explains.

The play portrays the everyday lives of Damascus residents in times of war.

The protagonist is a young man named Taym, who remains unconscious after being beaten by an unknown attacker. His character was inspired by an event that happened to a friend of Omar’s.

Taym’s spirit leaves his body. The spirit is not seen or heard by others and remains as an observer.

Taym’s family members and friends come to see him, but are themselves forced to decide whether to remain in the country, or leave.

Half of the cast on stage left Syria following the civil war. And they also feel that they left their true lives behind in their home country — and can now express those lives through the characters they play.

“Thinking about my character, I think she has really the same depression that I have it when I come back to Syria. And I capture this,” says one of the actresses.

Omar staged the drama in an original way. All the characters were directed to sit at the side of the stage when they are not performing. This symbolizes the helplessness of the citizens.

“Somehow in the play you are just witnessing what is happening but without any ability to make any reaction on this. I think this is how we start the whole idea. So this material was very, very powerful and talked a lot about Syrian situation,” says Omar.

The spirit of the protagonist, Taym, represents the voices of much of the silent public, who cannot side with either the Assad government or the anti-government groups.

“Allah Akbar! That’s what freaked me out. Why were we shouting religious expressions while we tried to start a civil revolution? The others didn’t understand my reluctance to use violence,” Taym says in the play.

With no end to the civil war in sight, powerless people are pushed and pulled around by destiny. All they can do is wait for a peace that may not come.

“Year by year, I learn to not have expectations because all, everything I expected before, didn’t happen. What started in 2011, we find its way to be real in sometime, I don’t know when but I’m sure this,” says Omar.

Omar thinks that by showing the reality of the situation his play can be a tool of resistance — resistance against the apathy of the outside world, as well as against falling into despair in Syria.


NHKクローズアップ現代「シリア攻撃 広がる衝撃 ~アメリカの真意はどこに~」4/10 NHK

4月10日(月)のNHKクローズアップ現代(NHK総合、月~木曜午後10時00分~放送)で、「シリア攻撃 広がる衝撃 ~アメリカの真意はどこに~」が放送されます。
弊社は、翻訳で参加させていただきました。ぜひごらんください。

【初回放送】
2017年4月10日(月) 午後10時00分~

以下は番組のサイトより・・・
早朝、シリアの空軍基地に向けて発射された、59発の巡航ミサイルー アサド政権が化学兵器を使用したと断定し、単独での武力行使を行ったアメリカのトランプ政権。ロシアが「侵略行為で、国際法違反だ」と強く反発するなど波紋が広がっている。オバマ政権では見送られたアサド政権への攻撃に、なぜ今回踏み切ったのか。そして、国際社会への挑発行為を繰り返している北朝鮮への政策に、影響はあるのか。アメリカの真意を多角的に読み解く。

NHKクローズアップ現代 |シリア攻撃 広がる衝撃