新谷恵司の略歴

1959年、香川県さぬき市生れ。早稲田大学法学部卒業。外務省に入り、アラビア語研修。カイロ・アメリカン大学で中東学を修める。在エジプト、カタル、チュニジアの各大使館で合計9年2ヶ月書記官勤務。1994年、民間部門における日本と中東のコミュニケーション強化をライフワークと定めて早期退官。エリコ通信社を創業。

多摩美術大学非常勤講師(イスラム文化論)、笹川平和財団特別研究員等を経て、東海大学客員教授(2016年~)。著書に「イラク再生」(2003年、第三文明社)、評論多数。内外情勢調査会監修「コメントライナー」で中東情勢コラムを執筆中。



新谷恵司

※アルジャジーラ番組「開かれた対話」に出演する新谷恵司・エリコ通信社代表(左から二人目)

エリコ通信社は、アラビア語と中東メディアのエキスパートです。アラビア語の放送通訳・会議通訳・翻訳をはじめ、中東取材のコーディネーションやSNS情報の調査、エスコートなど、より良いコミュニケーションのお手伝いを行っています

TOP