過激組織「イスラム国」の狂信性

◆殺人をむしろ奨励する「タクフィール」主義

「唯一絶対の強大な力=アッラー(唯一神)」を信じるか、信じないか。人として生まれた以上アッラーに帰依しなければならず、そうしない者は「不信心者」、すなわちアッラーの敵である。それは、ジハード(聖戦)の対象であって殺さなければならない。「タクフィール(Takfir)」思想を一言で言うなら、このように表すことができるだろう。つまり、神が殺人と戦争の免罪符を与えているという発想だ。いや、免罪符という消極的なことではなく、むしろ殺人を奨励しているに違いない。日本のメディアはこの重要概念を紹介せず、解説もしないので、今、イスラム世界各地で猛威を奮うタクフィール主義者のテロを的確に伝えられないでいる。イスラム教スンニ派過激組織と前書されている「イスラム国」のようなタクフィール主義者は野蛮なテロリストであり、単なる過激なイスラム教徒ではない。

◆イスラムの名を汚す大罪

]

タクフィールとは「お前は不信心者であると宣言する」という意味のアラビア語であり、タクフィール主義者がこの言葉を発した次の瞬間には銃弾か白刃が飛んでくるわけであるから、言われた方はたまったものではない。仏教徒の日本人など全員不信心者であるし、彼らがこの法理を援用したがるのは、とりわけ同胞殺害の免罪符を得たいからである。よって、その刃はまずシーア派イスラム教徒に向かい、キリスト教徒やヤジーディなどの少数派に向けられる。イスラム教は異教徒の存在を認めているのだから、彼らの行為はイスラムの名を汚す大罪だとして敬虔なイスラム教徒は忌み嫌う。だから、このような勢力が主流になることは絶対にない。  

◆通用しないパスポート

その「イスラム国」が旅券(パスポート)を発行した。既に1万人以上に配布され、人気だという。当然ながら、この旅券が通用する国はない。タクフィール主義は実に身勝手な論理である。残虐な兵士がその言葉を口にするとき、それは、「仲間以外は皆、敵。死んでもらう」と言うのと同義だ。だから、たとえイスラム教国であっても国家承認する国はない。そんな国が、多様な民族と多様な価値観の存在を相互に認めた上で友好関係を結ぶ国際社会の証票たる旅券を発行するとは噴飯もの。世界は一致団結してこの狂信テロ集団の非宗教性、非道徳性を暴き、立ち向かわなければならない。