FAQ

よくあるお問い合わせをまとめました。

通訳一般・会議通訳について

Q. 通訳にはどういう種類がありますか?

会議通訳(同時通訳、逐次通訳)、放送通訳(同時、準同時、ビデオ起こし)、観光地をご案内する通訳ガイド、サッカーチームなどのお世話をするリエゾン通訳などがあります。これらに加えて、弊社が得意としているものは政府公式会談、VIP接遇、研修通訳、海外ミッション同行などです。

外国人(アラブ人)と接する場面において、通訳需要は無限に存在します。医療通訳、法廷通訳、接見通訳、電話通訳などのご依頼にも対応している他、めずらしい案件では、国際結婚している夫婦と舅姑との「込み入った相談」の場に出かけて行って通訳したこともあります。

通訳の種類と方法により、適任者が異なります。
どういう場面で通訳が必要なのかをお伝えいただければ、こちらで最適な通訳者と通訳の方法を判断いたしますので、お気軽にご相談ください。

Q. 同時通訳と逐次通訳はどうちがいますか?

そもそも、同時通訳と逐次通訳では通訳の方法が全く異なります。
同時通訳は、瞬時に単語を置き替えながら、話者の後を影のようについて行きます。他方、逐次通訳では、通訳者は話者の発言を一旦聞いて理解し、解釈した上で話者のニュアンスに最も近い文章を考えてしゃべります。話者は通訳されている間は黙り、通訳が終わるとまた次の発言に進んで行きます。
ところが、同時通訳の本来の手法が使えるのは語順の似た同系統の言語間に限られます。英語と日本語、アラビア語と日本語のように、語順がほぼ正反対の言語間ではこれが使えません。通訳者は、話者の話が終わる前にその結語を予測して訳しはじめなければ間に合いません。結果として、ものすごく短いサイクルで瞬時に逐次通訳と同じような処理をしながら話者の発言について行く、ということになります。従って、どのように優秀な通訳者を起用しても、同時通訳の場合、誤訳や欠落が発生しがちです。

昨今、国際会議は「同時」が当たり前のように人気ですが、政府間交渉など本当に重要な会談の通訳はすべて「逐次」で行われます。

Q. 国際会議があり、通訳を頼みたいのですが、通訳手配のコツはありますか?

信頼できる国際会議の設営会社は、よい通訳陣を抱えていることが通常ですが、アラビア語などの希少言語通訳者の品質管理まで出来ていないケースがあります。
通訳の出来の良し悪しは、会議の成功・失敗に直結する一大事です。

経験豊富な、評判のいい通訳者を指名するか、弊社に相談しましょう。

Q. 当日の通訳手配は可能ですか?

放送通訳、通訳ガイドなどの場合は、可能です。(24時間電話受付中)
ただし、その日に空いている通訳者がおらず、手配できない場合もありますので、できるだけ早めに予約されますよう。

Q. どのような言語に対応していますか?

<通訳>
弊社の中核的業務であるアラビア語(⇔日本語)以外にも、英語、仏語、西語、露語等の主要言語は第一人者をご紹介することができます。

地域の言語であるペルシャ語、トルコ語、ヘブライ語、パシュトゥー語、ウルドゥ語にも対応しています。

その他に手配可能な言語としては、韓国語、セルビア語、ボスニア語、クロアチア語、独語、伊語、ヒンディー語があります。

<翻訳>
アラビア語、トルコ語、ペルシャ語、仏語、英語、韓国語等の需要が多く、その他の言語にも対応しています。

アラビア語は英(仏)語からの翻訳や英(仏)語への翻訳も対応しています。


現地手配について

Q. 中東現地での案内・通訳を頼みたいのですが、可能ですか?どの国に対応していますか?

UAE(アブダビ・ドバイ)では、日英の日本人コーディネーター、英アラのアラブ人通訳などを手配することが可能です。サウジアラビアでは、日程が合えば日アラのサウジアラビア人通訳を手配できます。
その他のアラブ圏には、カイロからエジプト人の日アラ通訳者を派遣することが可能です。いずれの場合も、お仕事の内容を詳しく伺って適任者をご提案します。

イラン(日・ペルシャ語)、トルコ(日・トルコ語)、イスラエル(日・ヘブライ語)なども対応しています。


観光通訳について

Q. 京都・奈良など地方の通訳ガイドも頼めますか?

はい。京都駅の新幹線ホームで出迎えるなどしてミートし、観光のご案内をしています。通常は英語の通訳ガイドですが、日程が合えばアラビア語のガイドも手配しています。外国人観光客に人気の高い広島(厳島神社など)の英語のガイド手配も行っています。 東京から随行して通訳ガイドを行うVIPの対応も可能です。

Q. 車やホテルの手配も頼めますか?

はい、お客様のご希望と旅程に沿った車両、宿泊施設をご案内しています。

なお弊社は旅行業者でないため、この手配にかかる手数料を頂いておりません。


お見積り・料金について

Q. 見積りは無料ですか?

はい、無料です。
お電話(会社代表:03‐5501-2810)、メール(admin@erico.jp)、または以下のサイト内の問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

Q. 見積りに要する時間はどれくらいですか?

簡単なものならば数時間程度です。

Q. 曜日やシーズンなどによって、料金が変わりますか?

変わりません。

Q. 割引制度はありますか?

ございません。ご予算に制約のある場合はお見積りの際に遠慮なくお知らせ下さい。割引制度はありませんが、弊社にはお客様の立場に立って考える社是がございます。

Q. クレジットカードでの支払いはできますか?

はい、対応しております。
対面でも、インターネット経由でのお支払でも、安全にお支払いしていただけます。


Webサイト・DTP・動画

Q. アラビア語Webサイト作成は頼めますか?

はい、企画から翻訳、納品まで当社リソースで対応可能です。

これまでも、病院紹介のサイト、アラビア語で日本の情報を発信するサイトの企画・運営 などの多数の実績があり、アラビア語圏の社会情勢や文化に詳しい弊社でならではの企画や、開設後の運営のフォローが可能です。

また、アラビア語は右から左に文字が流れるため、翻訳だけではなくレイアウトの対応が重要になりますが、そちらも十分に対応できます。

Q. アラビア語Webサイト作成の料金はどれくらいになりますか?

日本語サイトからの変換ということであれば、翻訳料金+レイアウト修正料金になります。
※アラビア語は右から左に文字が流れるため、翻訳だけではなくレイアウトの対応が必要です。

標準的な翻訳料金は、1枚(日本語400字)¥8000~ 、レイアウト対応料金は、1ページ¥7500~、新規に作成の場合はお問い合わせください。

Q. アラビア語DTPは頼めますか?

はい、対応可能です。
こちらも、アラビア語Webサイト制作と同様に、多数の実績があります。

Q. アラビア語DTPの料金はどれくらいになりますか?

日本語のパンフレットからの変換であれば、翻訳料金+レイアウト修正料金になります。
※アラビア語は右から左に文字が流れるため、翻訳だけではなくレイアウトの対応が必要です。

翻訳料金は、1枚(400字)¥8000~ 、レイアウト対応料金(DTP料金)は、1枚¥7500~。
新規に作成の場合は、デザインおよびアラビア語原稿作成料金(¥20000~)、DTP料金(¥15000~)になります。

Q. アラビア語のナレーション入り動画作成は可能ですか?

はい、対応できます。
また、弊社は動画作成では、2011年10月から2013年8月まで「ディーブの大使館めぐり」というテレビ番組を製作した実績があります。
https://erico.jp/dibembassy/

Q. 動画の(アラビア語の)ナレーションの吹き替えは頼めますか?

アラビア語⇒日本語 の吹き替え、日本語⇒アラビア語の吹き替え、どちらも対応可能です。英語など、その他の言語によるナレーションも対応できます。

Q. 動画の(アラビア語の)ザブタイトル作成は頼めますか?

タイムコード指定によるテキストの納品はもちろんのこと、YouTUBEの字幕入力、Ediusのサブタイトル入力が対応可能です。

その他のビデオ編集ソフトについては、お問い合わせください。


翻訳について

Q. 大至急で翻訳を頼みたいものがあるのですが、最短でどれくらいでお願いできますか?

分量とその時の混み具合によりますので、一概に言えませんが、特別の体制を組んで大至急仕上げを致します。

A4・1ページ程度であれば数時間のうちに納入することも可能です。
至急仕上げには割増料金(25%)が加算されます。

Q. 同じドキュメントを複数の言語に翻訳したいのですが、アラビア語以外も可能ですか? また、同時に頼んだ場合の利点はありますか?

弊社はアラビア語オンリーではなく、英仏をはじめ、ほとんどの言語の翻訳が可能、かつ品質の優れた翻訳を納品させて頂いております。

ある文書の翻訳を英語とアラビア語で作成するという場合、翻訳後の英語版とアラビア語版を見比べると随分違う個所がある、という現象が起こります。そこで弊社では、英語版も作成する際にはその翻訳をご開示いただき、アラビア語訳の内容を合わせる(または英語版の表現を変えてもらう)という対応をしています。たとえば、ある文書の英語版、アラビア語版を同時に弊社ご依頼いただけた場合、そのことによる単価変更(割引)はありませんが、翻訳文の間の調整が容易になり、相乗的に英語・アラビア語ともに品質の高い翻訳文が作成できます。

Q. (予算が限られているので)まず資料全体の概要を知り、それからどこを翻訳するか決めたいのですが、そのような翻訳は可能ですか?

可能です。
まずご予算を教えていただければ、その範囲内で何ができるかお知らせし、御納得を頂いた上で着手します。

Q. 対応している納品形態、ファイル形式はどういうものでしょうか?

マイクロソフト・オフィスのワード、エクセル、パワーポイントなど、お客様のご指定に従って作業し、納品させて頂きます。特殊な出力形式にも対応いたします。


品質について

Q. 他の(大手の)通訳・翻訳会社とどこがちがうのでしょうか?

代表(創業者)自身がアラビア語会議通訳者・中東問題専門家であり、1994年の創業以来全ての案件について責任をもって対応しています。従って、アラビア語通訳の分野に関しては他社の追随を許さない陣容を誇っており、品質の高いサービスを提供しています。他社にご依頼されても、難しい案件であれば、最終的には弊社がお手伝いすることが多いです。

翻訳については、競合社があり弊社は後発ですが、個々の案件につき、常に最善の翻訳案を提供することに努めており、その品質が高い評価を受けております。

弊社代表の新谷恵司の略歴はこちら  http://erico.jp/gme/
弊社の沿革はこちら http://erico.jp/history/ 

Q. 翻訳の際、ネィティブチェックはしていますか?

全ての翻訳は基本的にネイティブが担当し、そうでない場合は必ずネイティブがチェックした後に納品されます。


情報発信

中東について勉強したいのですがどこかで情報を発信していますか?

中東ビジネス事情

一般財団法人中東協力センターは、公的な対中東ビジネス促進機関で、重要な情報を蓄積しています。個別の相談にも応じていただけるようです。
http://www.jccme.or.jp/

イスラム事情

東京の元麻布にあるアラブ イスラーム学院は、サウジアラビア王国によって設置されている学院で、アラビア語を(基本的に)無償で勉強できるコースがある他、イスラム事情一般や留学等に関する問い合わせに応じて貰えます。
http://www.aii-t.org/

エリコ通信社Facebook

弊社Facebookでは、中東に関するニュース、トピックスなどを随時ご紹介しております。ぜひ「いいね!」をして、情報収集の一助としてください。
https://www.facebook.com/ericoworld

Q. アラビア語の勉強をしたいのですが、アラビア語教室はやっていますか?

現在、弊社独自の教室は開いておりませんが、初心者講習、学習会、通訳研修等、お客様の側で運営される「教室」に適任講師を派遣しております。お問い合わせください。


その他

Q. 通訳者は日本人ですか?アラブ人ですか?その指定はできますか?

弊社には両方の登録がございますが、その多くは日本人であることがひとつの特色となっております。もちろん、指定することもできます。

Q. 女性通訳、男性通訳の指定はできますか?

両方の登録がございますので、対応可能です。
昨今は、アラブ人女性を対象とした通訳機会が増えており、女性通訳の指名件数が増加傾向にございます。

エリコ通信社は、アラビア語と中東メディアのエキスパートです。アラビア語の放送通訳・会議通訳・翻訳をはじめ、中東取材のコーディネーションやSNS情報の調査、エスコートなど、より良いコミュニケーションのお手伝いを行っています

TOP