中東から学ぶ

去る5月20日、東京・広尾のI-Oウェルス・アドバイザーズ株式会社において開かれたI-OWAマンスリーセミナーにおいて、「中東から学ぶ」という題でお話をさせて頂きました。
20120525c-thumb-360x270.jpg
©I-O Wealth Advisors, Inc.
写真で私の背景に張り出しているチャートは私のお気に入りで、フランスの先生によって製作された人類5000年の文明を一覧できる図表です。私の体がちょうど隠している位置にあるほとんどの文明が「中東」であることは、日本と日本の文明が如何に特殊で、孤立しているかということとほぼ同義です。(ちなみに、この図で日本は右端に見える赤い鉛筆のような一本の棒)
中東からは学ぶことだらけですが、我が国ではまだそのことにほとんどの方が気づいていません。私は、気づいているだけで到底その勉強を深めるだけの能力も余裕もない浅学非才の身ですが、ご批判を顧みず、呼ばれればどこへでも出かけて参ります。
この日は、聴講された方々の問題意識が高く、意見交換の時間が足りないほどでした。経済活動に関するグローバルな常識やその変遷等も、中東に軸足を置いて考えるとスッキリ理解できる、ということ感じています。
今後は、日本の大問題であるエネルギー、特にLNGをめぐる問題などをわかり易くお話しして行きたいと思っております。
Special thanks to:
I-OWAマンスリー・セミナー(2012.5.20)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です