イスラム過激主義の行方

次の話は、FBに出回っていたアラビア語の小話です。出回っているということは、エジプトの人の中に、少なからず共感する人々がいるということでしょう。引用されている故シャアラーウィ師に直接お会いしたことはありませんが、TVでよく彼の説教を見聞きしたものです。他のウラマーとは違い、エジプト口語で分かりやすい話をするイマームとして大変人気のある人でした。
著名な説教師、故シャアラーウィ師は言った。
私はある狂信的な若者と議論し、「イスラムの国でナイトクラブを爆破することは宗教的に許容されるか、それとも禁忌か」と聞いた。
すると彼は、「もちろんそれは許容され、人々を殺すことも許される」と答えた。
そこで私はこの若者に聞いた。「では、諸君が彼らを殺し、その者達はアッラーに背いていたとすれば、彼らの(死後の)行き先はどこか。」
「もちろん地獄だ」と若者は言った。
「では、悪魔は彼らをどこへ連れていこうとするか?」と私は尋ねた。
「もちろん、地獄です。」
そこで私は言った。「では、諸君は悪魔と目標をひとつにしているのだね。人間を地獄に落とすという目標に。」
そして私は彼らに預言者の言行録(ハディース)のひとつを教えた。
ある日、預言者ムハンマドの前をユダヤ人の葬列が通過したとき、彼は、すすり泣きを始めた。
人々は尋ねた。「アッラーの使徒よ、なぜ泣いているのですか。」
預言者は言った。「一人の魂が私の元を離れ、地獄へ行ってしまったからだ。」
そして私は若者達に言った。「見よ、諸君とアッラーの使徒の違いを。彼は人々を導き、地獄から救おうとされているのだ。諸君とアッラーの使徒は、まるで別々のワジ(涸れ川)にいるかのようだ(別々で、出会うことがない、の意)。」
sharawi.jpg
故シャアラーウィー師
預言者を侮辱する映画に激昂して米国大使館を襲った人々の行為の延長線上には、かつてシナイ半島やジャワ島で発生したナイトクラブ爆破テロのような、無実の人々を巻き込む「ジハード作戦」があります。しかし、上記のような話がFBで取り上げられ、また、庶民に人気のあるイマームによって語られているという事実は、実はデモに参加して暴動に加わるような過激派(サラフィスト)は少数であり、また、多くのイスラム教徒の心情を代表したものではない、ということを証明していると言ってよいでしょう。
ところが、ムスリム同胞団という過激主義集団出身のムルシー大統領は、暴徒の行為に対し、はっきりと拒否の姿勢を示さず、むしろ同情的な言動をしました。このことに、オバマ政権は相当不快感を強めているらしいというのはもっともな話です。また、大統領は、イスラム教徒たる一般市民の心情を十分に代表しているとも言えないのではないでしょうか。
中国の愛国主義、デモと暴動の話に置き換えても理解できる話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です