「アラビア語」タグアーカイブ

コミュニケーション

1994年7月に設立された弊社(エリコ通信社)は、今年で20周年を迎えた。
だから告白、ということではないが、物忘れがひどくなる一方の老境を迎えて語っておくべき話はなるべく残しておきたい。
社名の「エリコ」について、それはパレスチナの「エリコ」から名付けたのか、とよく聞かれる。事実は少し込み入っているのでずっと謎、ということにしておこう。ただ、エリコについては聞かれても、なぜ「通信社」なのですか?とは今まで聞かれたという記憶がない。弊社は販売したり貸したりする通信設備を持っていないし、共同通信社のようにニュースを売っているわけでもない(似たようなことはしているが…)。不思議なのは、「通信社」の方ではないだろうか。

実は、「エリコ」の方は愛称であって、お客様に親しまれる名前であれば何でもよかった。一方の「通信社」は、小生が官僚という安定した地位(?)を捨ててもやりたいと思ったことに直結していて、私(わたくし)的には、より重要なのだ。役人を辞めて一体何をするのか。会社を作る、となったとき、私は社名には「コミュニケーション」のひとことを付けたい、と思った。それが私の追及したかった仕事だから。ただ、20年前に感じたことは、カタカナで長い名前をつけると軽くなり、早く潰れるかもしれないと思い、無理に和訳して「通信社」とした。

小生が「スピンアウト」したのが、「世界平和のために尽くしたい」と思ったからだ、というのは本当である。実に恥かしい話であるが、自分の能力を過信していて、「外務省という組織に居ても世界平和のために自分が貢献できることは限られているが、自由にやらせて貰えれば、もう少しましなことができる」と思ったのだ。実に不遜な考えである。恥晒しではあるが、「コミュニケーション」のプロになろうとした原点なので触れざるをえない。

私は職業外交官の卵として、コミュニケーションの不足(=誤認、誤解)がどのような悲劇(=戦争)を招くかについて叩きこまれ、また、短い役人生活の大半を占めた小さな大使館勤務において、電信官を始めとするコミュニケーションに関わる業務のほとんどに携わる得難い経験をした。この中で、私は世の中の事象を「コミュニケーションの善し悪し」という観点から見る習慣がついた。そして「上手なコミュニケーションを助ける仕事」は、助けられた人(顧客)に大きな利益と喜びをもたらし、また、それが国際間のコミュニケーションであれば、何より戦争防止、世界平和に直結している、と思った。

現在弊社の「主力商品」である通訳翻訳サービスは、コミュニケーションになくてはならない要素であるから、その範疇の仕事として大切である。大切であるが、正直なところを言えば、当初、小生はこの分野に深入りするつもりはなかった。だから、当初会社の定款にも謳っておらず、後に公的な入札資格を登録する際に指摘され、慌てて登記をし直したほどである。やる気はないのに、頼まれるのは通訳ばかり、ということで、自分の代わりに通訳してくれる人を探して徐々に大きくなったのが弊社の通訳(翻訳)部門である。

ただ、そのような志で始めた仕事であるため、弊社の展開する通訳翻訳サービスはすこぶる評判がよい。私が見込んで業務をお願いしている各通訳者・翻訳者は、よりよいコミュニケーションを実現することの歓びをお客様に分け与えていると思う。

英語の「Communication」には「交通」すなわち人が行き交う、という意味がある。私は会社設立当初からアラブと日本の間で人々の交流を活発にさせることが一番大事な仕事だと思っていた。わが国の旅行業の起業に厳しい障壁を打ち破る体力と創造力があれば、この方面をもっと伸ばしていたことだろう。ただ、20年が過ぎて、環境が激変した。当時直行便はゼロであったが、今は一日何便もの大型機が日本と湾岸諸国、トルコ他を結んでいる。わが社には、まだまだやるべき仕事が残っていると思っている。

アラビア語通訳の仕事(2)

前の記事の続きです。
その後に待ち構えていたのは小生が2009年に初めてご発注を頂いて以来強い関心を持っている「知的財産権保護」に関する仕事でした。ご高承のとおり、知的財産権には著作権、特許権、商標権、意匠権などがありますが、中東世界との関係で言うと、主に商標権侵害として捉えることのできる「模倣品・海賊品」の取締りがもうかなり前からのことですが、重要な課題となっています。
つまり、中国で大量に作られる模倣品がドバイを経由して中東全域へ、そして全世界へと流通している問題です。2009年、私はこの問題を現地関係者と協議、調査する官民合同ミッションに同行しました。その関連の記事はこのブログの一番最初にあります。
偽装と市場監視
http://globalmiddleeast.blog26.fc2.com/blog-entry-2.html
今年は、ドバイ税関長と現場で対策にあたっている責任者からなる代表団を日本側が招待し、権利者(日本の主要企業)との協議や関係官庁・企業訪問が行われました。
この一連の通訳業務においても英語とアラビア語は常に闘うこととなりました。一般にドバイや湾岸の高官は英語による教育を受けており、アラビア語正則語(フスハー)で話すより英語で話すことを好む傾向にあるからです。写真のアフマド・ブッティ税関長はJAFZA長官から横滑りしたドバイ首長国の高官です。米国で大学教育を終えていることもあって、初日のセミナーでのプリゼンは英語を選びました。そのようなこともあり、会議は英語同時通訳で行われました。しかし、2日目の権利者との協議会では、より精緻な議論がしたい、ということで小生の通訳による協議となりました(日・アラ)。
結果は、どうやら小生の勝利であったようです。協議会終了直後、初日から参加されている人々やドバイ側からも、笑顔と感謝のことばをいただけたからです。
一般に、労働組合の話もそうなのですが、業界にはそれぞれ特殊な用語、論理があり、発言者はそれをいちいち説明したりはしません。通訳者が門外漢の場合(ふつうはそうです)は、まるで暗号符牒で会話されているように聞こえます。それを日英といった、語順の遠い言語間で同通するのは、現実的には不可能に近いのです。
政府関係の予算での訪日でしたから、贅沢もなく、遊びもないタイトなスケジュールでしたが、これまで何十回と訪日しているというアフマド税関長に初めて京都を訪れていただけ、不順であった気候の中晴天に恵まれたのはよかったと思います。初訪日の中堅幹部らも喜んでお帰りになりました。
*JAFZA=ジュベル・アリ自由貿易加工区。ドバイに隣接する一大中継貿易拠点
120224kyoto.jpg
鹿苑寺金閣にて(2月24日)