コメントライナー

タリバンと戦えと言う人たち

◆「アフマド氏を支援せよ」とパリ市長  東京オリンピックの閉会式で五輪旗を受け継いだパリの女性市長イダルゴ氏がほえた。タリバンが支配するアフガニスタンのパンジシール渓谷で、唯一抵抗しているアフマド・マスード氏を支援せよというのだ。  「自由...
コメントライナー

イランとイスラエル、対決不可避か

◆転落の始まり?  イラン大統領選に勝利したライシ師が保守強硬派であり、核合意再開交渉の行方を含め、中東情勢に与える影響が懸念されるとの論評がかまびすしい。一つ指摘したいのは、イランは大統領制ではないということだ。日本語で「大統領」と呼ばれ...
コメントライナー

中東コロナ対応の明暗と教訓

◆感染状況の4パターン  中東・ 北アフリカ諸国の新型コロナウイルス感染事情を研究していると、国により状況が大きく異なることに驚愕する。同時に、そこにはいくつかの教訓が横たわっていることがわかる。  それぞれの国の感染状況と政府の対応を分類...
コメントライナー

「リビアの春」は開花するか

◆傭兵中心のハフタル軍敗走  ツイッターで560万人以上のフォロワーを有するファイサル・カーシム(シリア人)は、アラブ世界で最も著名なジャーナリストの一人である。そのファイサルが「ハフタルはどこに消えた?」とつぶやいた。  ハフタルとは旧リ...
コメントライナー

イラン核施設が攻撃される日

2021年の中東は、きのうまで反目し合っていた サウジのムハンマド皇太子とカタールのタミーム 首長が熱い抱擁を交わし、3年以上に及んだ空域と陸海国境の封鎖が解除されるという・・
コメントライナー

フランスはイスラムと融和を

◆ニースの教会襲撃の犯人像 ブラヒム・アウィサウィという21歳の若者の目に、南仏ニースの華やかな街並みはどう映っていたのか。そして自分の母親のような無抵抗の老女の首をはね、他2人にも相次いで刃を向けるという凶行の際、どのような精神状態だった...
コメントライナー

「力による平和になびく中東世界

◆トランプ氏最大の政治ショー アラブ側は代表を外相級に格下げしているというのに、上機嫌でカメラポーズをとる2人の首脳。弾劾裁判を辛うじて逃れ、支持率が上がらないまま大統領選挙を迎えるトランプ米大統領と、在任中にもかかわらず汚職容疑で起訴され...
コメントライナー

リビア分割?アラブは新冷戦時代

◆トルコの軍事支援で情勢転換 ワグナーは、ロシアの民間軍事会社である。ロシア政府は公式には否定するが、同社はシリア等いくつもの地域で、ロシアの軍事戦略実現のために働いてきた。リビアではカダフィ後の「国盗り」を狙うハフタル将軍側について傭兵戦...
コメントライナー

シリアのかたきをドイツで討つ

◆アサド政権の犯罪裁く 先月23日、ドイツのコブレンツ高等裁判所でアサド・シリア政権の治安将校2人の「人道に対する罪」を問う裁判が始まった 。この10年間、反政府運動に対して筆舌に尽くし難い残虐行為を行ってきたシリア政権側の人物に対する裁判...
コメントライナー

サウジアラビアというリスク

◆国王存命中の即位狙う? サウジアラビアで国王の実弟や前皇太子をはじめ多数の王族、内務省幹部らが反逆罪の疑いで拘束された。今年G20の議長国役は大丈夫か、と心配していたら、事実上の最高権力者の座を確保しているはずのムハンマド皇太子が、実は1...
タイトルとURLをコピーしました