「イスラム」タグアーカイブ

不信心者(ふしんじんもの)

久しぶりに「講演」をして、短い時間にイスラムの基本的な概念を説くことの難しさを感じた。新釈「アラブの春」講演の全体像は、いつかこの欄でご紹介したいと思うが、きょうは特に通じにくかった「不信心者」(英:infidel、亜:kaafir)について所感を記す。
「タクフィール(takfir)」(←相手は不信心者である、と宣言する)という不思議な動詞(ここでは動名詞)に基づく、「「タクフィーリー」という集団の存在は、アラブの春の現状と今後を語る上で外すことのできないキーワードだが、その説明が厄介なことが主因なのか、邦字メディアに登場したのを見たことがない。これはある意味日本マスメディアの怠慢であって、少し解説をつければ誰でも理解できる概念である。
説明しない⇒誤解が広がり無関心が増える⇒報道しない⇒更に無関心になる⇒ますます報道しない
この悪循環で日本人は益々世界の情報の宝庫・中東から離れた田舎者になっている。悪い意味で米国市民の後追いをしている。
不信心者、という言葉は漢字で書くと意味は8割方伝わるが、音で聞くと最初に「ふ」という聞き取りにくい音が入っていることもマイナスに働いて、何のことかわからない。この言葉を日常聞くことも、目にすることも、イスラム学かキリスト教神学の学生以外は100%ないので、私の話も理解し辛かったらしい。
イスラムは平和の宗教であり、イスラム教徒がイスラム教徒を殺すなどということは絶対にあってはならない。然るに、その宗教心の篤い人たちが熱心に人殺しをしているのは、他でもない、この「タクフィール」思想を援用しているからである。つまり、「お前は不信心者だ」と宣言すれば、相手がたとえ敬虔なイスラム教徒であったとしてもその瞬間に「カーフィル(不信心者)」となり、ジハード(聖戦)の論理、即ち「イスラム共同体の敵を攻め滅ぼすのはイスラム教徒の義務」が適用できることになる。
アルカーイダなど、イスラム教スンニ派過激主義者はこの思想を武器にイラクのシーア派やシリアのアラウィ派イスラム教徒と闘っている。また、忘れてならないことはサウジアラビアの国家の基盤であるイブンワッハーブの教えもこのタクフィーリーであり、その御旗の下にシーア派が討伐されて現在のサウジアラビアが成立していることだ。
もうひとつ、重要なことは、宗教に傾倒すればするほど、このように信心者=信者(ムーミン)と不信心者=異教徒を区別して考えざるを得なくなるという点だ。宗教的過激主義者でない人でも信仰心の篤い人と、われわれとの間に深い溝のようなものを感じながらはや30年の月日が流れた。仏教徒は100%カーフィルである。

Vive la France!

職業柄、中東からの絶え間ないニュースの中に身を置いているが、28日、「これは?」と注目した2つのニュースがあった。ひとつは、「仏内相、モスク落成式でイスラミストは追放すると宣言」というものであり、もうひとつは「預言者侮辱の映画製作者逮捕」のニュースであった。
1.「ヴァル内相、大モスク落成式で過激なイスラム主義者は追放すると演説」
ストラスブールにフランス最大のモスクが竣工した。27日、その落成式があり来賓のヴァル内相が歯に衣着せぬ演説をしたのだ。こういう発言をできる政治家が日本にいるだろうか。報道から、重要部分を2箇所だけ抜き取る。
「イスラムはフランスに居場所を有する。フランスのイスラムは、フランスの一部であるからだ。」
「憎しみ合うことを扇動する者、蒙昧主義の徒、原理主義者、我々の価値観と制度を破壊する者、女性の権利を否定する者、そういう人々の居場所はフランスにはない。我が国にいながら、法律を破り、社会の根源に敵対する者たちが国内に留まる必要はない。イスラム教徒であると主張しつつ公共の秩序に重大な脅威を与え、国の法律と価値を尊重しない者共は容赦なく追放する。」
モスクの落成という祝典に臨んで、いくら「過激派は…」と断ってもイスラム教徒は追放するぞという強い言葉を堂々と発することができるというのはどういうことか?それも、平時ではない。預言者ムハンマドを侮辱した米映画問題で世界中のイスラム教徒の感情に火がついているタイミングであり、その上に仏風刺漫画誌の掲載した預言者風刺画の問題が追い討ちをかけていた。
Manuel Valls Inaugurates Stras_ mosque
French Interior Minister Manuel Valls in the Grand Mosque of Strasbourg
その秘密、というよりきちんとした理由はフランスの世俗主義にある。それがどのようなものであるか、小生の講義を聞いた多摩美の学生はよく理解しているところだ。日本のような消極的政教分離主義では、モスクに内相が招かれる、ということ自体が禁止され得ることであるが、フランスやトルコのような積極的政教分離(≦世俗主義)においては、世俗的価値を優先させ、日常生活における「宗教的行動」をしっかりと禁止することができるのである。
仏週刊誌の問題では、在外公館に最大の警備警戒措置を尽くしても、表現の自由擁護の立場を貫いた。イスラム諸国では一部騒ぎとなったが、フランス国内では目立った抗議行動は起きなかった。その自信が内相の言葉の奥に込められていたに違いない。Vive la France!
2.「預言者侮辱の映画製作者逮捕」
近年稀にみる「傑作」をYouTubeに流し、世界を大混乱に陥れた男が逮捕された。しかし、それは映画出演者を騙し、稚拙な方法で吹き替えをして醜悪なイスラム冒涜映像を作った罪ではなかった。元来、人を騙して財産を奪う詐欺罪で刑を受けている人物だったから、保護観察違反で再収監されたのである。
男は逮捕されたが、この男の作った作品は今もYoutube上にある。先ほど覗いてみたら480万view以上を記録していた。
ほとんど精神異常に近い、ふざけた犯罪であった。しかし、それがもたらした重大な結果に責任を有するのは誰か?「アメリカが悪い」、「イスラエルが悪い」というイスラム過激主義政権の主張は、われわれ異教徒だけでなく、真のイスラム教徒も受け入れることはできないだろう。