イラクの子どもたちを救おう!

一冊お買い上げごとに370円が「日本イラク医療支援ネットワーク」を通じてイラクで小児ガンなどに苦しむ子どもたちへの医薬品購入費用に充てられます。
イラク南部では、米軍が使用した劣化ウラン弾の影響と思われる各種のガンが多発しているにも拘らず、医療環境は劣悪で、子どもたちは継続的な支援を必要としています。
イラク戦争から10年が経ちました。戦争の年にガンになった10歳の子は成人式を迎えます。もちろん、なかには治療の甲斐なく亡くなった子や、病院に来なくなって消息を絶ってしまった子どももいます。いろいろなことがありました。しかし、皆さんに寄付していただいたお金で買った注射や医薬品は、その数だけ、子どもたちの心の支えとなり、希望の灯りをともし続けることでしょう。そして、ネットワークが支援している病院の患者数は、増えこそすれ、少しも減っていないということです。
ひとりでも多くの方が関心を向けてくださることを望んでやみません。

日本イラク医療支援ネットワーク  http://jim-net.org/

これまでのご報告

エリコ通信社は、アラビア語と中東メディアのエキスパートです。

TOP