「イスラム文化」タグアーカイブ

犠牲祭

イスラム教徒の皆さん、犠牲祭おめでとうございます。 「犠牲祭(イード アルアドハー)とは何?簡潔に説明してくれないか?」 今年もまた、報道の現場で質問を受けました。言ってみれば奇妙な話です。イードは何も昨日今日始まったわけでなく、1400年もの間繰り返されてきた訳だし、毎年同じ報道をしているのですから、質問者も去年同じ質問をしたか、少なくとも疑問に思ったりしたのではないでしょうか。私も30年近く、毎年同じ質問を受け、飽きずに同じ説明をしています。「羊が降りてきたんです!」   野町和嘉さん撮影「メッカの聖モスク」 イブラヒーム(アブラハム)の不思議な経験については皆さんWikiなどで調べて下さい。私が今日提案した … 続きを読む 犠牲祭

2013年イスラム暦付カレンダー

今年も、残すところあと2ヶ月余となりました。皆様のご愛顧にお応えして、来年のイスラム暦付カレンダーを発売します。11月20日までにネットでお申し込み頂きました方には送料無料サービスがあります。また、好評の10部購入でおまけ1部進呈キャンペーンも実施します。お世話になった方への贈り物、グリーティングカードに代えたプレゼントとしてご利用頂いております。ぜひ、この機会にお求めください! イスラム暦付カレンダーのご紹介とご購入案内へ 2013Ma’lumat Calender (来年のラマダンは7月9日より) 「マアルマート」(Ma’lumat)カレンダーの正式名称に採用しているマアルマートとは、 … 続きを読む 2013年イスラム暦付カレンダー

ラマダン月に入りました

サウジアラビアなどアラビア半島を中心にほとんどの中東の国では20日からラマダン月が始まりました。 ラマダン月は、イスラム世界で広く用いられている太陰暦の1年のうち9番目の月です。太陰暦は月の満ち欠けがひと月の単位になりますので、29日または30日の月が12ヵ月続き、354日で次の新年を迎えます。従って、太陽暦である西暦とは約11日のずれが生じ、イスラム暦の9月、つまりラマダン月は夏から春、春から冬へと少しずつ移動して行きます。 写真は、弊社発行の日本の暦とイスラム暦が並存している「マアルマート・カレンダー」です。このように、イスラム世界にとって特別の月であるラマダン月がひと目でわかるようになっています。中東諸国と … 続きを読む ラマダン月に入りました

イスラム暦付きカレンダー2012

エリコ通信社では、今年もイスラム暦付きカレンダーを発売します。 エリコ通信社公式HP/カレンダーのお知らせ 中東・イスラム社会とのお付き合いでいつも頭を痛めるのは暦の違い。うっかりしていると、先方はお休みでいくら電話しても出てくれない筈、といったことがよくあります。エリコ通信社のカレンダーは、イスラム暦の月の名前と日付が日本のカレンダーに付記されているので、イスラムの休日はひと目でわかり、大変便利です。 5年ほど前にこの発売を始めて以来、イラクのこどもの医療支援を続けている 「日本イラク医療支援ネットワーク」を通じてイラクで小児ガンなどに苦しむ子どもたちへささやかな支援をしています。ご購入代金のうち500円/冊が … 続きを読む イスラム暦付きカレンダー2012

写真集(高田京子)

写真家の高田京子さんから、フォト・ポストカード・ブック「わたしの愛するチュニジア」「わたしの愛するエジプト」2冊の同時発売についてご案内をいただきました。有名書店での取扱いがあるようですが、アマゾンなどのご利用が簡便かもしれません。(なお、アマゾンの中古販売ではプレミアムがついています。稀少本として人気が出るかもしれませんね。) チュニジアといえば「チュニジアンブルーの窓やとびら」という方は多いでしょう。もちろんその写真もたっぷりありますが、わたしが気に入った写真のひとつはこの1枚。スパイスの香りが漂ってきます。 こちらはエジプト編より。 高田さんからのお便りに「(中東の)報道というもののほとんどは、『悪いニュー … 続きを読む 写真集(高田京子)