「イスラム文化」タグアーカイブ

犠牲祭

イスラム教徒の皆さん、犠牲祭おめでとうございます。
「犠牲祭(イード アルアドハー)とは何?簡潔に説明してくれないか?」
今年もまた、報道の現場で質問を受けました。言ってみれば奇妙な話です。イードは何も昨日今日始まったわけでなく、1400年もの間繰り返されてきた訳だし、毎年同じ報道をしているのですから、質問者も去年同じ質問をしたか、少なくとも疑問に思ったりしたのではないでしょうか。私も30年近く、毎年同じ質問を受け、飽きずに同じ説明をしています。「羊が降りてきたんです!」
nomachi.jpg
  野町和嘉さん撮影「メッカの聖モスク」
イブラヒーム(アブラハム)の不思議な経験については皆さんWikiなどで調べて下さい。私が今日提案したいのは、「イード」に適切な和訳を充てよう、ということです。実はこれが信じられないぐらい難しい…というお話です。
イスラムの暦にはイードが2回あります。一番大きいとされるイードが犠牲祭、次にイード アルフィトル(=断食明けの祝日)です。国によってお休みになる日数が違いますが、通常前者が4日間、後者は3日間です。ここまで書くと、イスラムのことを知らない人でも大体分かるでしょう。ああ、盆と正月みたいなものか?と。
その通り。イード(=Feast)は宗教的な理由に基づく大きなお休み、祝祭のことです。「おめでとう」という挨拶を交わし、ご馳走を食べ、きれいな服を着て祝います。子供はお小遣いを貰います。それは本当にお盆や正月に似ています。しかし、正月ではない…。「Feast」です。「Feast」とは何でしょうか?日本語で、何と言えばよいのか、なかなかぴったりとした言葉がないですね。辞書には、(宗教上の)祝祭,祭日,祝日,祭礼…とあります。(もちろん、他に祝宴、ご馳走といった意味もありますが)
私が間違っていたら教えて頂きたいのですが、少なくとも現代語にはFeast(=イード)にぴったりくる日本語がありません。そこで「お祝い」です、とか「祝祭日」です、とか「宗教的なお祭り」です、と説明します。このあたりが、いつまでたっても日本で「犠牲祭」が市民権を得ないひとつの理由と睨んでいます。
「お祝い」と言えば、還暦の祝いもお祝いだし、就職した姪にあげるお金もお祝いです。「祝日」は、みどりの日も祝日ですし、長い休みのことを言いません。その日一日を言います。「祭り」に至っては、御神輿を想像してしまうのは、日本人として仕方のないことでしょう。
marriage の意味は何ですか?と聞かれたら、99%のひとは「結婚」と答えるでしょう。これは、昔、日本には契約概念のマリアージュという考えがなかったため、嫁入りとか祝言という言葉で表すには不便、ということで新しく作られた(明治維新時の造語)と聞いています。逆に今では祝言と聞いても理解できない若い人が増えています。言葉とは、このように必要に応じ、時代に応じ変遷するものです。
そこで私の提案は、イード(=Feast)に日本語を!ということです。新しい言葉を作ります。
祭節 はどうでしょうか。(さいせつ、と読みます)
「正月も、お盆も日本人の大切な祭節です。」どうでしょうか。ようやく、外国人に日本語で日本のことを正確に表せるようになりました。正月や盆がありながら、Feastに当たる言葉がないのは、日本語が閉鎖的な文化のままでいられたからに他ならないのです。

2013年イスラム暦付カレンダー

今年も、残すところあと2ヶ月余となりました。皆様のご愛顧にお応えして、来年のイスラム暦付カレンダーを発売します。11月20日までにネットでお申し込み頂きました方には送料無料サービスがあります。また、好評の10部購入でおまけ1部進呈キャンペーンも実施します。お世話になった方への贈り物、グリーティングカードに代えたプレゼントとしてご利用頂いております。ぜひ、この機会にお求めください!
イスラム暦付カレンダーのご紹介とご購入案内へ
07_1.png
2013Ma’lumat Calender (来年のラマダンは7月9日より)
「マアルマート」(Ma’lumat)カレンダーの正式名称に採用しているマアルマートとは、アラビア語で「情報」という意味です。この名を冠した文化探訪ツアーはお陰様で今年20回目を数えました。カレンダーでは、このツアーの最中に撮影された中東の文化遺産の写真が散りばめられています。中東と一口に申しますが、私の理解する中東は大きな広がりを持った大中東(Greater Middle East)です。イスラムがユダヤ教とキリスト教の強い影響を受けて成立したことと、その後の歴史を振り返れば、この大中東で三大宗教が折り合って発展していくことが、人類にとってどれほど大切なことでしょうか。そんな願いを込めた風景の選定をしています。毎月の美しい風景をお楽しみ下さい。(Special thanks to SQUADD)
イスラム暦付カレンダーのご紹介とご購入案内へ
10_1.png
2013Ma’lumat Calender (イスラム暦は毎年11日づつ太陽暦を追い越して行きます。「犠牲祭」10月15日より)
今年もご購入金額のうちから1部につき500円をNGOの日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)を通じてイラクの小児ガンに苦しむ子どもたちの医療支援に寄付させていただきます。JIM-NETは、鎌田實医師が代表を務める特定非営利活動法人(NGO)で、米軍が使用した劣化ウラン弾による放射線障害が原因と思われるガンを患った子どもたちに対する医療面での支援を続けています。
残念なことですが、米軍が完全に撤退した後もイラクの政情は不安を極めており、最大の被害者である南部の開発の遅れた地域に住む子どもたちへの政府の支援は十分行き届いていません。皆様から頂きます支援は、それだけでは決して十分でありませんが、彼らの命を支える、重要な浄財として活かされています。もうしばらく(30年ぐらい!?)、支援が必要です。どうぞよろしくお願い致します。
<故・山本美香さんにご愛顧いただきました>
8月にアレッポで凶弾に斃れた山本美香さんにおかれましては、ずっと、このカレンダーをお買い求め頂いていました。発売とほぼ同時に、お申し込みを頂き、代金を送って頂きました。私が映像の中でしか知らない子どもたちと現場で接してきた山本さんのご支援をとてもうれしく、心強く思っていました。今年も、ご霊前にお届けしようと思っています。
<手作りのカレンダー>
このカレンダーは企画に始まり、材料集め、デザインと版下作り、広報と販売、すべてを弊社でまかなっています。(外注は印刷と製本部分のみ)
イスラム暦の監修は小生が務め、その他のほとんどをIT戦略部長の沢田が担当しています。弊社のような零細企業にとって、これは大変な重責かつ、大きなコストとなっています。しかし、ひとりでも多くの方が中東の広がりと奥深い文化に触れていただき、この地域が抱える問題と大きな将来性に目を向けていただくことが、小社の存在目的であると考え頑張っております。どうか、これからもご愛顧をよろしくお願い申し上げます。
イスラム暦付カレンダーのご紹介とご購入案内へ