エリコ・モニタリング・レポート

エリコ・モニタリング・レポート

2021年4月4日 (No.21004)

■ ヨルダン軍、元王宮府長官を含む要人複数を逮捕し、ハムザ元皇太子に「治安を標的とする行為に利用される活動」を止めるよう求める ■ キンシャサでルネッサンス・ダム問題をめぐる協議が始まる。エチオピアは、4日の閣僚会合を前に「同ダムの第2回貯水を成功させるための作業が続いている」と発表 ■ 米、「6月までにイランとの合意に至る機会を逸することのないよう」警告。イランは、段階的制裁解除の提案を拒否。仏は、次期ウィーン会合での前向きな姿勢を呼びかけ ■ ウクライナ、「露が約20か所の拠点を攻撃」と非難し、「数か月中にNATOとの演習を実施する」と発表。露議会は、ウクライナとNATOに「事態をエスカレートさせぬよう」警告
エリコ・モニタリング・レポート

2021年4月3日 (No.21003)

■ 米議会の車止めに乗用車が突っ込み、警官と、車を運転していた男が死亡。議会は一時閉鎖。警察は、テロではないとの見方を示す ■ イラン核合意の署名国、6日にウィーンで会合へ。米も参加。イランとの直接交渉について米は「その見通しはないが、前向きだ」と声明 ■ ルネッサンス・ダム問題で、AU主導のコンゴ首都での協議前夜、エチオピアは「ダム建設は最終段階に向かっている」と声明。スーダンは仲介者の拡大に拘る ■ 露とウクライナ、国境に部隊を集結させる。露、「NATOのウクライナでの展開の影響」を警告。米、ウクライナ領の一体性を支持すると強調
エリコ・モニタリング・レポート

2021年4月2日 (No.21002)

■ 米、「対イラン制裁は継続する。外交の枠外での制裁解除はない」と声明。イラン「核合意を有効化する最良の方法は、米が合意に復帰して約束を全て履行することだ」と主張 ■ 米国務省、イエメン危機をめぐり自国特使がサウジとオマーンで行った協議について、「実り多いものだった。恒常的停戦、包括的和平合意について話し合った」と説明 ■ スーダン、「エチオピアによるルネッサンス・ダムの貯水に制限をかける建設的な交渉」への関与を米に呼びかけ。エチオピアは2度目の貯水に向けた作業を開始 ■ WSJ紙、米当局者の話として「大統領が米軍の一部部隊と軍装備品の湾岸地域からの撤収開始を命じた」と伝える。国防総省は「装備・部隊の配備は様々な要因や優先度に基づくもの」とする ■ 米国務省、2日に予定される欧州諸国とイランの会合を「前向きな一歩」と評する。IAEAは、「イランが遠心分離機の新たなカスケードの使用を開始したことは核合意違反」と指摘 ■ エチオピア、「キンシャサで3日、AU議長の下でルネッサンス・ダムをめぐる3か国協議を再開する」と発表し、「同ダム建設作業の79%が完了」と確認
エリコ・モニタリング・レポート

2021年4月1日 (No.21001)

■ 米、「対イラン制裁は継続する。外交の枠外での制裁解除はない」と声明。イラン「核合意を有効化する最良の方法は、米が合意に復帰して約束を全て履行することだ」と主張 ■ 米国務省、イエメン危機をめぐり自国特使がサウジとオマーンで行った協議について、「実り多いものだった。恒常的停戦、包括的和平合意について話し合った」と説明 ■ スーダン、「エチオピアによるルネッサンス・ダムの貯水に制限をかける建設的な交渉」への関与を米に呼びかけ。エチオピアは2度目の貯水に向けた作業を開始 ■ 米アフガン特使、アフガン政府とタリバンの両代表団とドーハで協議。タリバンは「米軍は5月1日に撤退すべきだ」と強調
エリコ・モニタリング・レポート

エリコ・モニタリング・レポート創刊!

エリコ・モニタリング・レポートのサイトにようこそ! エリコ・モニタリング・レポートは、毎日1回配信される無料のメールマガジンです。 その内容は、アルジャジーラのメインニュースを中心に、ネットやSNSで発信される重要情報を含め、中東と世界で起きている事象の今を「逸早く」、「正確に」お伝えします。
タイトルとURLをコピーしました