トランプ大統領

コメントライナー

イラン革命防衛隊司令官暗殺が意味するもの

トランプ大統領はイランの革命防衛隊コッズ部隊、ソレイマニ司令官の暗殺が命令通りに実行されたことを見届けるや、ツイッターで、「彼は何年も前に取り除かれているべきだった」と述べた。この空爆作戦、国内的に必要な手続き(「ギャングオブ8」の承認)を経ておらず、国際法上も突っ込みどころ満載だ。
コメントライナー

米軍「傭兵化」で信用失墜のトランプ政権

今月に入り、米政権はシリア北部から撤退してトルコ軍の侵攻を容認し、その一方で、サウジアラビアには3千人を「増派」すると発表。トランプ大統領は、同盟者として功績のあったクルド人民兵組織を見捨て、「馬鹿げた戦争から手を引くのが自分の選挙公約」とツイートしたが、その舌の根も乾かぬうちにサウジ には兵士を送り込む
コメントライナー

中東の強権政治とどう付き合うか

◆スーダンの弾圧で100人死亡 民主的な改革を求める人々が座り込みを続けているスーダンの首都ハルツームで、治安部隊が強制排除に乗り出し、およそ100人が死亡、数百人が負傷し た。第二の「アラブの春」とも呼ばれる「民衆蜂起」の様相であり、首都...
コメントライナー

エルドアンが果たす中東安定化の役割

◆シリア侵攻に目立った非難なし レジェップ・タイイップ・エルドアン、トルコ大統領。世界が認める「独裁者」である。建国以来世俗主義をとって近代化したトルコを「再イスラム化」する政策を掲げて大統領の座に上り詰め、クーデターをしのぎ、憲法改正で強...
タイトルとURLをコピーしました