「中東事情」タグアーカイブ

カタール2022

中東をフォローする人々の間で言われる「格言」のひとつに、「中東では10年に1回大事件がおきる」というものがある。例を挙げれば、73年の第4次中東戦争とオイルショック、79-80年イラン革命とイラン・イラク戦争勃発、90年湾岸戦争、2001年9.11事件と対テロ戦争開始、といった具合で、確かに10年サイクルの「激動」がある。
この原則が当てはまるとすれば、2010年頃に起きるのは何だろう、と誰もが不安と「期待」(?)をもって眺めている。期待というのは変だが、因果なことに小社の売上げは戦争など人の耳目を集める事件が起こらないと伸びない、という現実に縛られている。
そんな中、2022年W杯開催地にカタール当選、という衝撃的なニュースが飛び込んできた。カタールはアジア大会も経験し、確かに国際スポーツ祭典の運営に実績を上げてはきている。しかし、アメリカやオーストラリアという大国を出し抜いての当選には驚きを禁じえない。面積こそ秋田県ほどあり、淡路島ほどのシンガポールに比べれば「大国」だが、首都ドーハ以外にはこれといった都市はない。競技場や各国のキャンプ地は首都周辺に密集するのだろう。6月の気温は42度から48度、稀には50度に達する。42度、というのは相当涼しい。「きょうは涼しいね~」と言い合ったらその日は42度の発表だった、というような経験が懐かしい(筆者は1987-89年にカタール勤務)。すべての競技がエアコン完備の屋内スタジアムで行われる、初のW杯になるだろう。オバマ大統領でなくとも、「間違った選択」と言いたくなるのは理解できる。
これは革命的なニュースである。もしかしたら、2010年の激動とは、このことになるかも知れない。だとすれば、中東で初めて、平和的、建設的な激動が起きたことになる。これからの12年間、ペルシャ湾岸とそれをとりまく中東世界の平和と安定が確保され、さらなる成長を遂げるとすれば、これはその経済効果を裨益する世界にとっての朗報だ。私個人には、これからの12年間を健康に過ごし、ドーハのスタジアムで日本代表の健闘を応援する日を迎えるという、人生の大きな目標ができた日となった。

写真展「イマジンイラク 三十年の孤独」

イマジンイラク実行委員会様より、下記写真展のお知らせを頂きました。
お時間の許す方は、訪ねてみてはいかがでしょうか。(新谷)
======================================================
写真展「イマジンイラク 三十年の孤独」@京都 PARTⅡ
======================================================
30年前、大手企業の技術者が赴任先のイラクを4年にわたり撮影。
3,000枚の風景や日常写真の中から40点を選び、先月、京都・藤森で、一か月にわたり展示しました。
今回は、印象的な作品10点ほどを再展示します(会期中に入替え予定)。
会場は、京都市左京区の「ハリーナ」さん。
東大路に面する赤いひさしが目印の小さなお店。
季節のごはんとゆったり空間、よそではちょっと手に入らない選りすぐりのフェアトレードグッズが自慢です。
下鴨神社、京都造形芸術大、京大、京阪「出町柳」駅から1.5km以内。
銀閣寺、平安神宮、府立植物園、京都御所に3kmほどにあります。
■会期
2009年11月7日(土)~15日(日)
※9日(月)は、定休日です。
■会場
「kitchen & cafe ハリーナ」
京都市左京区田中大久保町28-6 冨田ビル1F
電話&FAX 075-724-3568
http://kitchen-halina.net/
  地図>>
  http://kitchen-halina.net/modules/main/index.php?id=2
  Google map>>
  http://imagineiraq.seesaa.net/article/132263328.html#more
■営業時間
火・水・木・日 11:00~18:30
金・土 11:00~21:00
■定休日
第一日曜日、毎週月曜日
■交通案内
【バス】
  JR京都駅より東山経由「北大路バスターミナルゆき206番」
  四条河原町より「北白川仕伏町ゆき3番」(1時間に1本)
  四条烏丸より烏丸~丸太町~東山経由「65番」(1時間に約1本)
【電車】
  叡山電鉄本線(旧京福電鉄叡山線)「元田中」下車、北へ徒歩約5分
  (大阪方面よりお越しの場合は、京阪本線終着駅「出町柳」下車、隣接する叡山電鉄「出町柳」に乗り換え、一駅です。往復400円)
【車】
  駐車場一台分スペース有り
【レンタサイクル】
  「出町柳」駅前に、貸し自転車屋「かりおん」があります。一日500円。出町柳からハリーナまでは1.5km。歩ける距離です。大通りを行くので迷うことはありません。
過去の写真展、およびイベントの記録はブログをご覧ください。
10/8~11/5(京都・藤森)
3/16~4/19(大阪・玉造)
http://imagineiraq.seesaa.net/
撮影された、黒姫のよしはらさんのサイトで、数百枚の写真を公開しています。
イラクに対するイメージが変わるかもしれません。

http://heumonat.plala.jp/iraq/

現実を少しづつ改善する

4月のイスラエル旅行では、故アラファトPLO議長の墓参をした。
私がチュニジアで書記官をしていた4年間は、オスロ合意の前夜であり、PLOの本部は首都チュニスにあった。本部、といっても特に自民党本部のようなビルがあるわけではなく、いくつかの民家をオフィスにして、PLOの幹部や職員の事務所が市内に点在していた。そこで何度か行われた日本からの来訪者とアラファト議長との会談を通訳した私は、日本人としては故議長をもっともよく知るひとりなのかもしれない(日本赤軍のひとたちも、実際にはほとんど会えなかったのではなかろうか)。
唾が飛んでくるような距離で情熱的に話す議長が常に口にした言葉は、「死して埋葬される土地なし」というパレスチナの悲哀だった。ガザ出身(とされる)の議長の望みは、パレスチナの首都エルサレムに埋葬されることだったが、エルサレムとは目と鼻の先にあるパレスチナ暫定自治政府の拠点、ラーマッラーの自治政府関係施設の一角にこじんまりと整備された廟に納まった。これが、議長の闘争の一生の末のひとつの現実である。
話は飛ぶが、最近日本を訪問したある湾岸国の政府関係者の中にパレスチナ人がいた。皆で休憩しようと街角のあるコーヒー専門店に入ったとき、この人だけは「○○はボイコット対象なので」と、飲食を拒否した。すべての読者に分かるよう解説すると、パレスチナ問題は、世界的なシオニストの祖国帰還運動のツケであり、全世界でこの運動を支援しているユダヤ資本と闘わない限り解決できない、という考え方がある。そのために、アラブ連盟では設立の当初より「アラブ・ボイコット」と呼ばれる、ユダヤ系資本によって経営される会社の商品の不買運動を展開していた。
しかし、このボイコット運動は功を奏さず、今やだれも守らなくなった。15年ほども前、イスラエルに行ったときは、このボイコット運動に倣わなかったスバル車だけがやけに目に付いたものだが、今回はありとあらゆる日本車を見ることとなっていた。そのように、政府レベルでのボイコット運動が死滅した今も、個人のレベルで「ス○○○ッ○スのコーヒーは飲めぬ」と操を立てる人がいるのを見て悲しくなった。一緒に来ている同僚の誰一人巻き込めない、さびしいボイコットである。これも現実だ。
パレスチナ人の権利回復運動は、現実的でなければ意味がない。ボイコットが功を奏するためには、多数が同調しなければならないが、世界市場を相手にビッグビジネスを展開するユダヤ系資本に対して、もともと小さなアラブ市場はまとまっても大したことがないのに、その上分裂している。経済戦争で勝とうというなら、不買運動でではなく、実業で勝ち進んでいく他あるまい。
そう考えてみると、故アラファト議長の墓がエルサレムに移転・改葬(イスラム教徒にその習慣はないが)されるような時代は100年経っても、いやもしかしたら永遠にくることはないのだろう、と思われる。しかし、その一方で、アラファトがエルサレムとはきわめて近い距離にあるラーマッラーに眠ることができた、ということも動かし難い現実である。チュニスにいたアラファトが、占領地に帰還できたのは、イスラエル側で和平を望んでいた人々と協調し、過激主義に対して過激主義で抵抗しない、武力に対して、武力で反撃しない、という信頼感を醸成したからだった。
和平を追求する人々は、この現実を大切にしなければならない。お互いの武装を解き、エルサレムとの間に横たわる非文明的な分離壁を一日も早く取り壊すことができるよう努力しなければならない。

イスラエルは人種差別の国(2)

私がこの記事で言わんとしていることは大いに誤解を招く可能性が高い話である。それを敢えて話題にするのは、昨今、あまりにうわべだけの、本質についての議論や説明を欠いた報道が横行していることを憂うからである。
昨日の記事をよく読んでもらえば分って頂けると思うが、私は、イスラエルのパレスチナ人を差別する政策が良いとも悪いとも言うつもりがない。私が読者に指摘したいことは、ユダヤ人とシオニズムに関する事実である。事実の上に議論を重ねていかなければ、お話にならないのである。
私が言いたいことは、ユダヤ人がディアスポラ(離散)で2000年という長い間、差別や偏見、虐待、そしてホロコーストと呼ばれる集団虐殺という憂き目に遭ってきたという事実である。
差別されない人生を送るには、自分の国を持つしかない、と決意し、イスラエルを建国したからには、その国は差別とは無縁の国であるはずだったが、「先住民」たるアラブ人を差別せずして国は経営できないという、悲しい人間の性(さが)がある、という事実である。
その差別についての評価は、ひとそれぞれであって、南アのアパルトヘイトと同じか、それ以上だと非難したのはアラファト議長だが、「そんなことはない。近隣のアラブ諸国に住むよりよほどマシ」と考えるアラブ人も多い、という事実もある、ということである。
人類は常に差別、いじめ、格差、貧富の差、といった問題を抱えて生きていて、誰かを非難する前に自分が何をしているか、よく反省してみる必要がある、ということである。
次の事実も指摘しておかなければならない。
パレスチナ人は、アラブ諸国においても差別され、不当な扱いを受けている。湾岸諸国のパレスチナ人のほとんどは、もはや、その国で生まれた第二世代に代替わりしている。同じ言葉を話し、同じ民族であっても、パレスチナ人を親にもつ者は、アラブの他の国籍に帰化することが難しい。
私は、だからイスラエルの方がまし、と比較論でイスラエルを持ち上げるつもりがあるのではない。ユダヤ人は現在も、これからも、ずっと反ユダヤ主義と闘っていかねばならない。その戦いの拠点となる母国イスラエルを守るために、ユダヤ人は手段を選ばないところがある。そのことが、反ユダヤ主義を増幅させている。イスラエルが今後どのような政策をとっていくかは、自分たちで考えなければならない問題であるが、そのために、世界は、ユダヤ人を差別しない、国際社会の仲間として手を携えて歩むために、という観点から、積極的にアドバイスしていくべきである。

イスラエルは人種差別の国

イスラエルは人種差別の国である。
人種差別という言葉は、白人がアフリカ系の市民を差別したことに端を発する用語だから、適切でないかもしれない。ユダヤ人とアラブ人は見かけは同じ(服装で区別しているが)で、おそらく人種的には同じであろう。ユダヤ・イスラムの双方の宗教で教えられる神話によれば両者の祖先は兄弟で、
その子の代以降に分かれたのだから、「従兄どうし」というのも何か納得できる説明に聞こえる。またイスラエルに住むユダヤ人とアラブ人を比較すれば、むしろユダヤ人の方が世界各地から「帰還」したため、青い目の人あり、黒人あり、でバラエティに富んでいる。
だから、生物学的な「人種」差別ではない。「人種」が信仰というアイデンティティによって決まり、それに基づいた差別が行われる国である。差別といっても、南アや、かつての米国に見られたような、あからさまな差別的取り扱いではない。アラブ人といえども、イスラエル市民として、ユダヤ人と平等に選挙・被選挙権が与えられ、社会保障制度の恩恵も受けることができる。
人種差別は、近代の西洋的価値観の中でひどく忌み嫌われ、多くの国で人類が克服すべきものの代表例のように考えられているが、世界はさまざまである。
イスラエル北部に住むアラブ系キリスト教徒ヤヒヤさん(仮名)は、5人の子供を育てあげ、全員に大学卒業の学歴を与えることができた。イスラエルに住むアラブ人として、何の不満もないどころか、イスラエル国民として幸せだ、と真顔で言う。考えてもみてほしい。彼のように平穏で、幸せな家庭生活を送ることができたパレスチナ人がいるだろうか。シリアのアラブ人に選挙権はあっても、アサド大統領以外の投票をする権利は保障されていない。占領地に逃げていれば、難民キャンプの中で、パレスチナ人同士の抗争に巻き込まれて家族を失っていただろう。
2000年ほども前に離散の憂き目に遭い、以来渡り歩く先のすべてで差別されてきたユダヤ人にとって安住の地を確保しようとすれば、その地こ共存する異民族に差別的扱いをしなければならなくなるのは当然の論理的帰結である。その差別の中には、修正すべきか、修正することが可能なものもあるだろう。しかし、アラブ人の人口増加率の方が大きいという事実を前に、むしろ差別的な取り扱いは激化していく可能性もある。
私は、以前レバノンのシドン(サイダ)を訪れたとき、アッカ(アッコ)から逃げてきたというアラブ人の家族に会ったことがある。
「ここから少し先に行けばすぐ国境。その先に私たちの故郷があるのです。おそらく生きて再び訪れることはできないでしょう。この波止場に来て、いつも故郷を偲んでいるのです。」と父は語った。
今回、アッコを訪問して、多くのアラブ人が(楽しいか、苦しいのかは知らないが)しっかりと生活している姿を見た。おそらくヤヒヤさんのような感慨の人もいれば、そうでない人もいるだろう。シドンの家族を呼んであげたい気持ちになった。しかし、そのためには、ユダヤ人、アラブ人ともに心の垣根を取り払わねばならない。あと何十年、いや何世紀かかることなのだろうか。

イランの民主主義

ご承知のとおり、イランでは大統領選挙の不正が国民の抗議デモを呼び、30年続いた神権支配に対する大きな挑戦となっている。
神権政治の下では、特定の人々に権力が集中し、反対意見や邪魔者は消されるという「神の名の下に神のご意志に反する」政治がおこなわれている、と言ってよいだろう。民主的な労働運動が否定され、著しい人権侵害が起きているとすれば、それが神の意志であるとは言えまい。
神田駿河台の「連合」本部で、イランで投獄されている労働組合幹部を救うための緊急集会が開かれ、この場でイランの神権政治の特性について話してほしいとの依頼があったので、喜んで出席した。
http://www.jtuc-rengo.or.jp/news/rengonews/2009/20090625_1245912757.html
私は、労働組合員ではなく、組合のない会社の使用者である(笑)。しかし、いち地球市民として、優れたイラン民族がその力を存分に発揮し、国際社会で名誉ある地位を占め、人々が幸福に暮らせる社会が実現することを期待している。職種・立場の違いを超え、イラン政府の改革への取り組みを呼びかけたい。
それにしても、イランは大した国である。政府が不正をすれば、国民がデモで立ち上がってそれを糺す。これも民主主義の一形態なのかもしれない。日本人も見習うべきだ。今こそ永田町にデモ行進しよう!(と書いても逮捕されない日本の民主社会の有難さはどうだ。守らなければならない価値だと思う。)
イランの労働者の不当逮捕については、
http://www.jtuc-rengo.or.jp/news/rengonews/data/20090624iran.pdf

イスラエルは安全な国

イスラエルは安全な国である。
今年1月、イスラエル行きの決断をしたとき、同好の諸士はたじろいだが、私の説明に最後は納得して、今回の訪問となった。旅行中、日本人の旅行客にはひとりの若者を除いて全く出会わなかった。皆、危険と思って旅行を見合わせているのだろうか。だとすれば、あまりに惜しい文化遺産の数々がそこにはある。
<今回私たちの訪れた世界遺産>

○エルサレムの旧市街と城壁群(危機遺産)
○ハイファの「バーブ廟とバハイ庭園」
2008年に新登録された。警備に当たっていたブラジル出身というバハイ教徒の人当たりがとてもよかったので、「さすが宗教に入っている人は違う」という声が聞かれた。ユダヤ教徒もイスラム教徒も宗教に入っているのは同じなのだが・・・
○アッコ旧市街:十字軍の砦が見事に残っている。
○聖書時代の遺丘群(メギド):最終戦争(ハルマゲドン)が行われるという戦場を見下ろす
○テルアビブのホワイトシティ近代化運動(?) ヤッフォーの街
○マサダの要塞 イスラエルの原点

<世界遺産以外>
世界遺産となってはいないものの世界遺産級の訪問地として・・

○イエスが奇跡を起したガラリヤ湖
○ナザレ(処女懐胎教会)
○ベツレヘム(聖誕教会)
そして、世界遺産でも何でもないと思われるかもしれないが、
○「テロリストでありながらノーベル平和賞を貰った」故アラファト議長の廟

パレスチナ問題

パレスチナ問題の現状をわかり易く言えば、「盗人猛々しい」という表現に尽きる。強盗団が民家に押し入り、住人を追い出した。住人はホームレスとなり、何とか家に戻りたいのだが、その村の警察(国連)は弱く、暴力団(アメリカ)の方が幅を利かせている。暴力団は泥棒などという正義にもとる行為は良くない、と表向きは言うが、この泥棒は使える子分であり、ハジキを買ってくれたり、暴力団の幹部に献金をしたり役に立つ存在なので、その家を占拠し続けることを助けている。
村の住民(日本やヨーロッパ諸国)は、と言えば、この強盗団が過去にそれぞれの家に行っては迷惑をかけていたので、この家に居座っている限り自分たちは安全と、占拠そのものは仕方がないと考えている。それでも、寒空に追い出された住人はさすがにかわいそうだし、村の新たな問題にもなるので、テントをあげたり、食事をあげたりして世話している。実は、強盗団は住人のいとこで、もともとその家は強盗の首領の親(ダビデ)の名義だっだのだが、戦争のどさくさで親が留守にしているうちに今の住人が住んでいた、だから泥棒ではない、という議論を展開している。村人は、認めないまでも、仕方がない一族だ、と見て見ぬふりをしている。
住人は、だれも助けてくれないので実力で取り返そうと何度も試みたが、親戚(アラブ諸国)も暴力団が怖くて助けてくれない。そこで、いつまでもテント暮らしはつらいので、せめて庭先の馬小屋(暫定自治区)に住まわせてもらえないかと交渉したら、占拠した家の周りの見回りに疲れた泥棒たちは「いいよ」と同意した。ところが、泥棒の中から「軒先を貸したら終わり。母屋を取られる」と主張するものが現れ、仲違いし、合意した首領(ラビン)を殺してしまった。合意は白紙に戻り、絶望した住人は、再び自分で取り戻そうと画策したが、武器を売ってくれる村人がいないので、花火を買い、火薬を詰めては手製のロケット花火にして泥棒たちに撃ち込んだ。強盗団は、これ幸いと暴力団から入手していた高性能の武器を惜しげもなく使用して元住人を虐殺した。これを目の当たりにした村人たちは、「いくら何でもひどい」と強盗団を処罰しなければならないと考え始めたが、暴力団は今も強盗の味方をしているので、結局何もできない。
このような状況下で、占領地の住民や、イスラエル・アラブ(イスラエル国内に市民権を得て住んでいるアラブ人)に話を聞くのはいともたやすい。「われわれはこんなに苦労している」という話が怒涛のように出てきて、助けてほしいと懇願される。日本を含め、世界のメディアは常に、この取材し易い方の論理に偏る傾向がある。その結果は、よくてテントや食糧を追加することにしかならず、本質的な解決には役立たない。世界(村人)が必要としているのは、暴力団・強盗組との対話である。
いきなり、重い話題になったが、そんな問題意識でイスラエルを旅した。