2021-04-10

エリコ・モニタリング・レポート

2021年4月10日 (No.21010)

■ 米、核合意と整合性のない対イラン制裁を解除する用意があると表明。仏は「いかなる新たな合意違反も行わないよう」イランに呼びかける。イランは「保証のない『前向きな兆候』に基づいて(諸措置を)撤回することはない」と確認 ■ 露・ウクライナ間の危機が激化。露は(ウクライナ東部)ドンバスへの軍事介入の可能性を排除せず。米が懸念を表明。トルコも危機に介入 ■ サウジアラビア、ホウシー派が(同国南部の)ジャーザーンとハミース・ムシャイトに向けて発射した弾道ミサイルと無人機を迎撃。同派は「(サウジ・UAE)同盟軍がマアリブの広範囲で空爆を実施した」と述べる ■ 欧州が新型コロナウイルスのジョンソン・エンド・ジョンソン製ワクチンの副反応を調査。仏は2回目のワクチン接種をアストラゼネカ製ではなく、ファイザー製かモデルナ製にすることを決定
タイトルとURLをコピーしました