過激組織「イスラム国」の狂信性

◆殺人をむしろ奨励する「タクフィール」主義

「唯一絶対の強大な力=アッラー(唯一神)」を信じるか、信じないか。人として生まれた以上アッラーに帰依しなければならず、そうしない者は「不信心者」、すなわちアッラーの敵である。それは、ジハード(聖戦)の対象であって殺さなければならない。「タクフィール(Takfir)」思想を一言で言うなら、このように表すことができるだろう。つまり、神が殺人と戦争の免罪符を与えているという発想だ。いや、免罪符という消極的なことではなく、むしろ殺人を奨励しているに違いない。日本のメディアはこの重要概念を紹介せず、解説もしないので、今、イスラム世界各地で猛威を奮うタクフィール主義者のテロを的確に伝えられないでいる。イスラム教スンニ派過激組織と前書されている「イスラム国」のようなタクフィール主義者は野蛮なテロリストであり、単なる過激なイスラム教徒ではない。

◆イスラムの名を汚す大罪

]

タクフィールとは「お前は不信心者であると宣言する」という意味のアラビア語であり、タクフィール主義者がこの言葉を発した次の瞬間には銃弾か白刃が飛んでくるわけであるから、言われた方はたまったものではない。仏教徒の日本人など全員不信心者であるし、彼らがこの法理を援用したがるのは、とりわけ同胞殺害の免罪符を得たいからである。よって、その刃はまずシーア派イスラム教徒に向かい、キリスト教徒やヤジーディなどの少数派に向けられる。イスラム教は異教徒の存在を認めているのだから、彼らの行為はイスラムの名を汚す大罪だとして敬虔なイスラム教徒は忌み嫌う。だから、このような勢力が主流になることは絶対にない。  

◆通用しないパスポート

その「イスラム国」が旅券(パスポート)を発行した。既に1万人以上に配布され、人気だという。当然ながら、この旅券が通用する国はない。タクフィール主義は実に身勝手な論理である。残虐な兵士がその言葉を口にするとき、それは、「仲間以外は皆、敵。死んでもらう」と言うのと同義だ。だから、たとえイスラム教国であっても国家承認する国はない。そんな国が、多様な民族と多様な価値観の存在を相互に認めた上で友好関係を結ぶ国際社会の証票たる旅券を発行するとは噴飯もの。世界は一致団結してこの狂信テロ集団の非宗教性、非道徳性を暴き、立ち向かわなければならない。

イラクは三分割の可能性

◆戦争が常態

今年の初め、バグダッドを訪問する機会があった。会議通訳の依頼だった。治安情勢は昨年暮れあたりから最悪になっていたため、空港からホテルに防弾チョッキを着て護送され2日間ホテルに缶詰めになった後また「護送車」で空港に引き返すという悲惨な出張だった。イラクはこの35年間を見ても戦争続きで、「混沌」が常態である。歴史を振り返っても、有能な独裁者によって強権的に治められたときだけ束の間の平安が訪れるという、民主主義とは無縁の国だ。帰国後、筆者は、間もなくイラクが三分割されクルド人が独立に動き出す、という原稿を書いた。

◆サウジとイランの代理戦争

今後の情勢の行方を占う上で重要なことが幾つかある。イラク戦争に「勝利した」筈のイラク駐留米軍は、戦闘が終結した後にスンニ派・シーア派双方のテロに遭い、多数の犠牲者を出した揚句、満足な安全保障協定を結ぶこともできないまま事実上追い返された。マリキ首相は今になって空爆要請などをしているが、オバマ政権としては公約である撤退方針や中間選挙対策といった事情を抜きにしても、イラク政府の要請は虫が良すぎると感じていることだろう。第二に、スンニ派(部族+旧政権+ISIS)とシーア派(マリキ政権)の対立の構図はサウジアラビアとイランの代理戦争であり、米国がマリキ政権を支援するなら、これまでの友邦であるサウジに弓引き、仇敵イランと手を結ぶことになる。
 

◆漁夫の利を得るクルド人

第三に宿願であったキルクーク奪還にまんまと成功したクルド人は、スンニ派とシーア派の争いが深まれば深まるほど漁夫の利を得る。独立の気運は急速に高まるだろう。最後に、自己の勢力拡大に執心するあまり本来共闘すべきアルカイダ系組織「ヌスラ戦線」とも戦火を交え、ザワヒリ師に破門されたISIS(イラク・シリアのイスラム国)に未来はない。この「道義なきテロリスト集団」はシーア派を蹴散らすという共通の目的達成まではスンニ派部族や旧政権の残党たる有力政治家に利用されるが、人心を掌握できず没落するのは時間の問題であろう。

オバマ弱腰外交のつけ重く

◆「中東のクリミア半島」バーレーン

バーレーンは、人口約125万人、ペルシャ湾に浮かぶ淡路島ほどの大きさの王国であるが、この島を「中東のクリミア半島」になぞらえた論説を読んだ。18世紀にアラビア半島から移り住んできたスンニ派の王家が支配しているが、確かにこの国で住民投票をすれば、多数派であるシーア派住民がその数にものを言わせて勝つに決まっている。もしそうなれば「中東におけるロシアの同盟者」イランが動く、という構図があることは事実である。しかし、実際にはそのような体制転覆は許さないとばかりに、「半島の盾軍」と呼ばれるサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)の部隊が控えている。いざとなれば最新鋭の装備を備えた軍隊が出動するのはスンニ派の側である。

◆米国の姿勢に怒る湾岸諸国

クリミア半島で示されたロシアの強い立場は、それより先、シリア問題に対してもいかんなく発揮された。ロシアによる全面的支援がそもそもアサド政権居座りの原因であるのに、米国が何ら争わなかったからだ。その結果、政府軍の戦闘機は今も、自国民の住む民家を情け容赦なく爆撃し、樽に詰められた爆薬は市民を数十人単位で吹き飛ばしている。シリアの化学兵器使用疑惑をめぐっていったん決定した攻撃を引っ込めた昨年9月のオバマ大統領の二枚舌・弱腰外交は、「化学兵器さえ廃棄するなら、通常兵器で一般市民を大量殺害し、一千万人単位の避難民を出しても構わない」ということだったのかと反体制派を支持するサウジアラビア他湾岸諸国を怒らせている。  

◆保安官不在の中東

この冷え切った関係を修復することを目的に3月28日、先進7カ国(G7)を終えたオバマ大統領がサウジアラビアを訪問したが、晩さん会にもありつけず帰国したという。礼儀を重んじる中東の覇権国サウジアラビアのホスピタリティーとしては極めて異例である。この間、イラクにおける政府治安部隊とスンニ派部族勢力間の戦闘はますます本格化しているし、バーレーンやイエメンのシーア派もうごめいている。米国に冷たくされているのはエジプトも同じで、ロシアとの距離を縮めている。昨夏、米国はテロ脅威があるとして中東20カ国にある大使館を一斉閉鎖したが、このままでは永遠に大使館を封鎖しなくてはならない国が出るかもしれない。保安官不在の中東。国盗り合戦が本格化する予感がある。   

細分化するアラブ諸国

◆お題目にとどまった「アラブの統一」

アラブの統一を目指す「汎アラブ主義」は1952年の「エジプト革命」で同国の軍部支配を確立した故ナセル大統領の一大政治綱領であった。アラビア半島から北アフリカの西端までをかつてのイスラム帝国のようにひとつの国家へ…。偉大な祖先の遺産である共通言語・アラビア語を話す諸民族。これが一つになって初めて、「欧米の植民地支配のくびきから自立できる」と熱狂的に呼び掛けた。しかし、その精神を共有したバース党は分裂してシリアとイラクで反目し合い、ナセルに憧れてクーデターを起こしたリビアのカダフィもまた孤立した。アラブ世界は「人為的に引かれた国境線」を克服できなかったばかりか、「アラブの統一」はお題目にとどまり、20カ国余りを君主制であれ、共和制であれ、基本的に独裁者が支配する構図が出来上がり、世界の発展から取り残された。

◆当然の帰結は無政府化、破綻国家化

半世紀の後、民衆はこの独裁体制がもたらす低開発に「反乱」を起こした(アラブの春)。ただ、それは変革をもたらす強力な指導者を欠き、低開発によって肥大化していた社会のがん細胞たる「宗教的過激主義」を表舞台に解き放った。民衆は「独裁者のくびき」から解放されたが、これで安定し、統一へ向かうのではなく、「当然の帰結として」無政府化、破綻国家化が起こった。そして激しい内戦となり、国土をさらに細分化する必要が生まれた。キレナイカとトリポリに分裂しそうなリビア(現在は群雄割拠)、アラウィ国家とスンニ派国家、クルド人国家という三分割が避けられないシリア、既にクルド自治区が事実上独立していて、スンニ派とシーア派が分裂しそうなイラクなど、各地の政治力学のベクトルは国家分裂に向かっている。そんな中、サーレハ大統領という重しを失ったイエメンもまた、事実上南北に分裂している。(2月10日イエメン南部に自治権が付与されたが、分離主義者は反発)。  

◆中東の戦国時代が始まったのか

歴史をひもとくと、百年単位で戦乱に明け暮れたという事例を世界各地で拾い出すことができる。中東の戦国時代が始まったのではないか。生来楽観的な筆者も、昨年見たピラミッドが今生の見納めになるのでは、と悲観的になる。この地域が安定するためには、トルコに倣い、世俗主義を徹底する(宗教権威を完全否定する)必要がある。漸進的な民主化はその後に始まる。

ジハード(聖戦)という名の背教

◆イラクは本格的な内戦状態

バグダッドで、またベイルートでと、自爆か、仕掛け爆弾であるかを問わず、冷酷な爆弾の爆発で罪のない多数の人々が死傷したというニュースを聞かない日はない。特にイラクでは政府軍(シーア派)がスンニ派住民武装勢力の拠点である中部ファルージャ県を攻撃し自国民を殺害するという本格的な内戦状態が出現している。スンニ派とシーア派の対立は、その教義上の違いばかりが強調され、あたかも、この21世紀の世に宗教戦争が起きているかのごとき錯覚に陥るが、それは7世紀に起きた当時から既に宗教に名を借りた権力闘争であり、実力者が政敵を倒し覇権を実現するために宗教が利用されている側面を忘れてはならない。

◆殺す論理は「不信心者」

「イスラムは平和の宗教だ。イスラム教徒が人殺し、しかも、同胞を殺すなどということは絶対にあってはならない」と宗教家は説く。しかし、最も宗教心があついはずの「宗教的過激主義者」が熱心に人殺しをしているのはなぜか。それは彼らが、聖戦(=自衛のための戦争)の論理を援用しているからだろう。イスラム教徒の世界(イスラム共同体)が攻撃を受けるとき、この共同体を守るために戦うのはイスラム教徒の義務である、とアッラーは言った。しかし、相手もシーア派とはいえイスラム教徒だ。どうしてこれを敵視して殺すことができようか。そこで考案されたのが、一方的に相手を「不信心者」、すなわち異教徒であると宣言するという行為だった。  

◆代理戦争の圧力増すばかり

アラビア語で「タクフィール」と呼ばれるこの奇妙な教義解釈では、「お前は不信心者だ」と宣言すれば、相手がたとえ敬虔(けいけん)なイスラム教徒であったとしてもその瞬間に不信心者(=異教徒)とみなされ、これを爆殺することで自らは天国という報償が与えられる。実に身勝手な論理であり、その非人道性がアッラーのご意志であるはずはない。アルカーイダがビンラディン時代のように欧米・イスラエルを標的とせず、身近なシーア派ばかり攻撃していることの説明はこのようにすることができるが、英語メディアでも引用されるこの概念を邦字メディアは一切使用せず、単に「過激主義者」とか「武装勢力」で片づけてしまうため、日本人の対イスラム理解は少しも深まらない。困ったことである。

TOP