「国際問題」タグアーカイブ

アメリカは好きですか

写真は、16日付のアハラーム紙(ネット版)「エジプト人が世界でもっとも嫌米」という記事の挿入アートである。米国の機関が実施した調査によれば、エジプト人とヨルダン人の85%は米国を「嫌い」と答え、「好き」と答えた割合は、エジプト(10%)、ヨルダン(12%)に過ぎなかった由。 この傾向はもう何十年も変わらないことであり、ニュースでも何でもないが、興味深かったのは、逆に最もアメリカを好きな国民はどこかと言えば、1位がフィリピン(好き92%)で、3位が韓国(同82%)という数字(2位はもちろんイスラエル)。極東の二国は超親米国だ。この記事に言及がなかったが、おそらく日本もこの後に着けていることだろう。 ネット記事はそこ … 続きを読む アメリカは好きですか

東京は立候補取り下げを

猪瀬知事の信じられない発言はどうも事実のようであり、驚きを禁じ得ない。こういう発言が出るというのは、知事個人の責任もさることながら、それを許した都行政官、及び招致委員会幹部がいかにマヌケであるかという証拠である。行政官としてマヌケであるだけでなく、根本にあるのは、知事を筆頭に、関係者に全く国際性がないということだ。多少とも国際性のある人間なら、そういう言葉を発するということはおよそ考えられない。国際性、とは英語に訳せない日本語にしかない概念であるので説明すると、「内向きではなく、『日本人は世界の民族の一員として受け入れられ、協調し、相互に尊敬し、されながら生きていかなければならない宿命にある』という原則に立って行 … 続きを読む 東京は立候補取り下げを

ボストンマラソン爆破事件

事件に巻き込まれて亡くなった方のご冥福と負傷された方々への心からのお見舞いに言及した上で、事件の持つ意味について取り敢えずコメントします。 平和の祭典とも言える市民マラソンのフィナーレを狙った凶行は、冷血で、非人道的、どのような理由があろうと世論の支持を得ることはできないと思われるが、仮にこれが中東系、イスラム系過激組織の犯行であったとすれば、それは古い水掛け論を再び俎上に載せることになるかもしれない。 シリアにおける暴力の応酬は、政府が市民を無差別にロケット弾で殺害するという「国家テロ」に、アルカーイダ系の「テロ組織」がサウジやカタール、そして欧米の支援を得て爆弾や軽火器で戦う、異常なものとなっている。その、反 … 続きを読む ボストンマラソン爆破事件

尖閣へのプレス・ツアー

FBにアラビア語でコメントしたことで、当然ながら幾人かのアラブ・メディアの友人たちからの反応が直ちにあった。 中でも、この欄で時々話題にするパンオリエントニューズ(Panorientnews)のアズハリ代表と有意義な意見交換をすることができた。同氏によれば、国際メディアの報道が北京寄りになるのは自明のことであり、その理由は国際ニュースは主要英字メディアが独占しており、その翻訳に頼らざるを得ないこと、そして、各社の北京発のニュースが、共産党独裁政権下で配信を許されたニュースであるため、中国政府の立場を反映したものとなってしまうことであるという。確かにその通りだと私も思う。そこでせめて東京からアラブの主要メディアにニ … 続きを読む 尖閣へのプレス・ツアー

海外広報という仕事

以前、この欄でご紹介したように、尖閣の問題については国際報道がこの諸島を「係争地」としており、係争地を国有化するとはけしからん、という中国のナンセンスな主張が国際的にまかり通るという奇妙な事態になっています。私共は、仕事上、アルジャジーラのアラビア語チャネルを注視していますが、ここでも15日、要旨次のような報道がありました。 ―日中間で係争中の尖閣諸島を日本政府が国有化したことを受けて、中国の北京など10都市で大規模な抗議デモが行われた。… 北京特派員の報告要旨:在北京日本大使館前で数千人規模の抗議デモ。中国政府は、「中国人民が虐げられる時代は終わった」と過激な声明を出し諸島に対する正当な領有権があることを確認し … 続きを読む 海外広報という仕事