「国際問題」タグアーカイブ

海外広報という仕事

以前、この欄でご紹介したように、尖閣の問題については国際報道がこの諸島を「係争地」としており、係争地を国有化するとはけしからん、という中国のナンセンスな主張が国際的にまかり通るという奇妙な事態になっています。私共は、仕事上、アルジャジーラのアラビア語チャネルを注視していますが、ここでも15日、要旨次のような報道がありました。
―日中間で係争中の尖閣諸島を日本政府が国有化したことを受けて、中国の北京など10都市で大規模な抗議デモが行われた。…
北京特派員の報告要旨:在北京日本大使館前で数千人規模の抗議デモ。中国政府は、「中国人民が虐げられる時代は終わった」と過激な声明を出し諸島に対する正当な領有権があることを確認した。中国外務省報道官:「日本政府の措置によって、諸島に対する中国の歴史的な領有権が失われることはない。主権を侵害する如何なる行為も許さない。今後の状況を見守り必要な措置を講じる」。尖閣諸島は小さな無人の岩島であるが、周辺海域に石油や天然ガスなどの資源が埋蔵されている可能性が確認されている。中国側は「諸島は6世紀も前から中国人が発見し利用してきた」、日本側は「200年前に清王朝が領有権を放棄した」と主張している。
百歩譲って、それが係争地であるなら、両当事者のコメントを出すのが報道に求められる姿勢と思いますが、北京のアルジャジーラ支局が当局の厚い保護を受けているのに対して、東京には支局が存在しない、といった事情も影響していると言えるでしょう。これはいけません。ペンの戦争は、真の戦争以上に負けると大変なことになるのです。
偶々連休で、急ぎの仕事が入ることもなかったので、下記のようなコメントをアラビア語でFBに掲載してみました。こういうことをしなければならない義務は、そのことに気づき、表現できる力があるなら、単なる一市民であっても、この私にもあるだろうと思ったからです。ただ、それは、国のトップである総理や、外交の責任者である外務大臣に、より重い責任として求められることです。官僚組織の下のレベルや、有識者の論文のレベルでやっても、あまり意味がないのです。普通の国は、どこもきちんとやっていることが、どうして我が国にはできないのでしょうか。これはすぐにでも変えることのできる我が国政府の許されざる不作為だと思うと、少し憤りも篭ります。
◆小生がFBで友人に知らせた意見(アラビア語)の和訳
1.アルジャジーラ・ネットの以下の報道にコメントしたい。
「アルジャジーラの特派員によれば、北京の日本大使館に数千人の抗議する中国人たちが侵入を試みた。またこの日の朝、中国各都市の日本の公館前では同様のデモが行われた。日本政府が東シナ海で両国間で係争中の島を国有化したことへの抗議である。」
6e3b8a3c-285b-4d83-858a-075f76230349.jpg
この島々は係争中ではなく、第二次世界大戦後の一時期(1945-72)、米国に占領された時期を除いて歴史上ずっと日本の領土であった。中国も台湾もこの島々が日本に返還されたとき異議を唱えなかったが、その後何年も経って、石油・ガス田の存在の可能性が言われると領土主張を始めた。戦前は、後に台湾政府となる中国政府も、また「人民政府」も日本のこの諸島の領有権を認めていた。そのことを証明する公文書が存在している。中国人はこの諸島に手をつけた歴史がない。なぜなら、日本の施政権が常に及んでいたからである(実効支配)。したがって、この文脈で「係争中」の言葉を使用することは誤りである。
一方、日本政府が「国有化」した、という点についてはこの諸島の国際法上地位に特別の意味のあることではないのであり、中国政府の反応は適切でない。この背景は次のようなものである。日本国民であるこの諸島の所有者は、個人的な資金の問題のため島を売りたいと考えていたが、日本の官僚機構はこの所有者に支援の手を差し伸べなかった。そこで東京都知事が購入の申し出をした。東京都には太平洋上に多くの離島があり、その行政経験があるので、この諸島も都の行政区域に入れるという計画であった。すると、中央政府の官僚が動いた。国ではなく、地方自治体によってこの諸島が買われることになると自分達が恥をかくことになるので、これを嫌がったのである。中央政府は、十分なカネを出し、売買契約が成立した。
2.アルジャジーラ・ネットは、ロイターを引用して次のように伝えている。「数百人の中国人は日本大使館に向け様々なものを投げつけた。一方、警官隊はこの阻止に懸命であった。」
デモは平和的なものではなかった。それどころか、ずっと危険なものであり続けている。日本の商店や工場、施設が攻撃され、火を放たれた。中国北部、青島のジャスコでは略奪があり、すべての商品3000万ドル相当が消えたのはその一例だ。
中国の立場に偏ったアルジャジーラ・ネットの記事は次のように言う:「日本の海上保安庁によると昨日、中国のパトロール船6隻が両国間で係争中の諸島近くの日本の領海に入った。これはアジアで最大の2つの経済大国間に長年横たわる紛争の新たな局面だ。」しかし、両国の間にはそもそも領土紛争は存在しない。存在しているのは、貪欲で、違法な領土要求が、アジアの隣人に覇権を押し付けようと画策する国によって突きつけられていることだけである。
3.日本はなぜ暴力で国境を侵した中国人活動家を罰せず、中国のパトロール船に弾の一発も発射しないのだろうか?
日本は平和的な国家であり、その国民は暴力を好まず、たとえ相手が犯罪者であってもそれを傷つけることを好まない。多くの漁民、一般市民が北方領土を違法に占拠しているロシアによって殺されたり、連行されたが、日本は、その隣人との関係において、この国のように振る舞うつもりがない。国民の大体半分はこのように考えているが、もう半分は、日本の弱腰の姿勢は問題を更に複雑化させ、熱い戦争を招くことになりかねないとみている。腐った官僚主義に支配された日本政府は、断固とした措置を取ることも、確固たる立場を表明することもできない。このことが、東京都知事のイニシアティブのような愛国的な運動が起きる背景であり、これには国民の幅広い支持がある。

山本美香さん暗殺事件

私達は、中東発の情報と報道を取り扱う仕事をしています。今般、かけがえのない『同僚』を失ったことは痛惜の念にたえず、改めて衷心より哀悼の意を表するものです。また山本さんが、自らの命と引き換えに我が国と世界の人々に伝えようとしておられた、無辜の市民が何の理由もなく命を奪い去られるという現実がシリアでは今も続いています。全ての犠牲者を悼むと同時に、戦闘を続ける双方が、同胞同士、同じ人間同士殺し合うことの愚かさに気づき、一刻も早く、停戦し、話し合いによる解決の道を探るよう求めたいと思います。
さて、今回の事件については、いろいろ感じることがありましたが、ご遺族・関係者のご心情等もあろうかと、これまで、発言を控えておりました。しかし、故人のご葬礼も一段落し、捜査当局とメディアの各方面において真相究明の努力が行われている現状において、何らかのヒントや、道筋を示すことは、故人の遺志にかなうことであろうと信ずればこそ、ここに感想を申し述べたいと思います。
なお、私のこの考えは特段の一次ソースによってサポートされているものではなく、あくまで、間接的に伝えられているニュース、ニュース映像等を取り扱う過程で形成された、個人的なものであることをお断りしておきます。
1.私たちは、当初「日本人女性記者が『砲撃に巻き込まれて』死亡」したという情報に接しました。アルジャジーラが反政府勢力側からとったと推定されるその情報は、夜が明けるにつれ、砲撃ではなくて「銃撃戦に巻き込まれたのだ」という情報に変わって行きました。しかし、その後、山本さんご本人と佐藤和孝さんが撮影した映像を見てわれわれは息を飲みました。そこには、明らかに日本人記者を殺害せんとの謀略が存在し、その計画通りに山本さんは狙い撃ちされ、帰らぬ人となったのでした。
2.「日本人だ!」の叫び声
今や、ほとんどの方が一度はテレビで見たと思われます。佐藤さん撮影の映像が捉えた『協力者(内通者)』とおぼしき男の発した一言ですが、弊社の通訳者陣、特にネイティブ・スピーカーの意見では、それはそのように言っているようにも聞こえますが、そう言っていないようにも聞こえる、という瞬時に発せられた聞き取りのむつかしい叫び声でした。私には、タモリの深夜番組ではありませんが、「そう聞こえる」と聞いたあとに聞いているからかもしれませんが、非常にそう言っているように思えます。
そして、ネイティブとも一致することとして、断言できることは、もしそれがそう言っているのであれば、つまり、「ハー・イー・ヤバーニー」と言っているわけで、その意味は、「ほら、そこに(その)日本人がいる!」と言っている以外に解釈のしようがない、ということです。つまり、発言者と、発言者が話しかけている先の人々(発砲した集団)の間には、事前に「日本人」の存在について認識があった、換言すれば、日本人を探して撃ちに来ていた、ということになります。
3.山本さんは、犯行団の放った最初の4発のうちの何発かを被弾して亡くなりました。その瞬間をご自身と佐藤さんのカメラが撮影していたことはジャーナリズム史に残る重い事実でしょう。また、重要なことは、その後もそのカメラが保存され、映像が佐藤さんご自身の手によって回収、発表されたことです。これは、佐藤さん達が付き添っていた反政府勢力との間の信頼関係を証明するものであり、また、反政府勢力側に、少なくとも現場で起きたことを隠蔽する意図はない、ということも証明しているように思われます。
4.上記のとおり映像によって明らかになったことは、誰だかわからないが、日本人記者を殺害しようと計画していた一団が、予想どおり日本人を発見して発砲、殺害した、ということです。この認識は現在では日本のメディアがほぼ共有することとなっていますが、これを「謀殺」「暗殺」と表現するまでには至っていません。しかし、この事件がその種のれっきとした犯罪であることを私達はしっかり認識しなければなりません。
5.なぜ山本さんが撃たれたのか
全くの推測に過ぎませんが、『協力者』が男性・単数で「ほらそこに日本人」と言ったのは、何人の日本人がいるか、というところまでは認識がなかったのかもしれません。狙撃した男の方は、小柄で、明らかに日本人ぽい山本さんを間違いのない標的として認識したのかもしれません。佐藤さんの大きな体は、瞬間的にシリア人に紛れたのかもしれません。
日本人以外にも外国人記者がいる、という情報を持って外人記者狩りを行なっていて、まず日本人を発見したため「ほらそこに日本人」と言ったのかもしれません。そのようにも聞こえるイントネーションです。
(女性・単数)では「ヤバーニーヤ」となりますので、「日本人女性記者」を付け狙っていたわけではないと言えます。
6.「暗殺団」の正体は?
政府軍に味方する勢力ではないか?との見方が主流ですが、まだ、そう断定できる証拠は示されていないように思われます。
(1)動機面での考察
政府側にとって、反政府勢力に同行する外国プレスは基本的に政府に不利な情報を伝える敵性プレスであり「退治」したいという感情がある。しかし、もう少し賢く考えれば、外国プレスを殺害すれば政府の立場はますます悪くなるので、政府中枢からの指令は出にくい。
反政府側にとって、外国プレスは自分たちの置かれた不利な状況と政府側の非道を世界に伝えてくれる客人・友軍であって、保護協力を惜しまない。事件後、ご遺体と佐藤さんが受けた支援、カメラ映像の保存状態を見てもそのラインで物事が動いていることは納得できる。しかし、反政府勢力はさまざまな思想、確信を持った武装集団の寄せ集まりである。「外国プレスを殺害し、その責めを政府側に負わせよう」と考えて行動する部隊がいたかもしれない(あくまで可能性です)。
(2)映像から判断されること
反政府勢力が優勢である地区に現れた「暗殺団」は明らかに政府軍ではない。政府軍は圧倒的な兵力火力をもって敵を制圧する作戦をとるからである。シャッビーハ(政府に忠誠を誓う暴力集団)の行動パターンとも異なるように思われる。映像を見ると、顎髭を生やした男が映っており、サラフィスト系の反政府武装集団のようにも見える。しかし、それは正に反政府勢力の支配地区に潜入するために政府系の武装集団が偽装したからだろう、という見方もできる。
(3)現地から発信される情報の評価
―現地で関係しているとされる反政府勢力の2つの組織は「タウヒード部隊」と「アーシファトッシャマール部隊」である。名前等から、前者はサラフィスト系、後者は本家・自由シリア軍とも呼ぶべき「志願兵も含む、離反兵士を中心とするアレッポの部隊」という感じを受ける。報道では双方とも自由シリア軍に属するということになっているが、現地ではどのような連携をし、また、事件が起きたときにどのような役割を果たしたのだろうか。これは私に情報がないだけであって、少し調べれば明らかになることであろう。
―AFPは「アーシファトッシャマール部隊」の隊長が、射撃してきたのは「政府軍に味方する勢力」だと述べたと伝えた。また朝日新聞の北川記者(ダマスカス)は、「アレッポ地域調整委員会」の情報として、政権軍正規兵ではなく、政権軍と連携する政権派民兵である可能性を伝えている。北川記者の報告は、いわゆるシャッビーハ以外にもクルド人などの政権派民兵が存在することを指摘しており、やはり政府に味方する武装勢力ではないだろうか、というラインを補強している。
―反政府勢力側からは、「タウヒード部隊が政府軍の元準幹部でバアス党員の男を捕虜とした。その男の自白によれば、政府側治安関係者が会合して外国人記者攻撃を決定していた」という情報や、その話と同一人物か否かは不明だが、同じような証言をする男の動画が反政府勢力側から投稿されたりしている。この話の信ぴょう性を確認する手段は今のところなく、また、その男がいつどのように捕獲されたのかという点や山本さん銃撃との関係など、不明な点が多い。特に、山本さんが撃たれた後、激しい銃撃戦となったようであるが、その結果がどうであったかについての情報が欠如している。逆に、政府側は事件直前に山本さん達と行動を共にしていたトルコ人カメラマンを逮捕したとして、その映像を公開した。これは同カメラマンがこの戦闘の際に政府側に捕獲されたことを意味しているととるのが自然であり、そうであれば、政府側はわざわざ、記者達を襲ったのは政府側である、ということを自ら宣言した形になっている。
7.考察と提言
以上から、「事件は政府軍に味方する勢力の謀略によって起こされ、山本さん殺害後に発生した銃撃戦も、仕掛けた側が比較的優勢を保って進められた。その結果、トルコ人カメラマン他も捕獲された。その後、彼らが引き揚げた後に山本さんの遺体が収容され、佐藤さんと共にトルコ領内へ戻った。反政府勢力側は戦闘で圧倒されたが、何らかの機会に関係者を拘束した。あるいは、関係者をでっち上げてでも、この犯行が政府側のものであることを広報しようと努めている…」というあたりが真相ではないか?と思えてきます。そしてそのことは、当初考えられた次のような可能性は否定するものです。
―反政府勢力側にそもそも山本さん達に対する銃撃事件を起こそうとの計画があり、二人は騙されて現場に連れて行かれた。
―同行していた反政府グループは信頼に足る勢力だったが、銃撃してきたのは、反政府側に属しながらも、何らかの理由で外国人記者を銃撃する計画を有する一派だった。反政府派は、この事実を隠蔽しようとして不正確な情報を小出しにしている。
繰り返しになりますが、以上は、すべて限られた情報に基づく推論に過ぎません。ただ厳然たる事実は、山本さんが明らかに謀略によって暗殺されたということです。また、日本の捜査当局はこのあり過ぎる証拠に基づいて真実を明らかにする大きな機会が与えられていると言えます。実行犯の身柄を確保することも、反政府勢力並びにトルコ政府との連携次第で可能になるでしょう。
反政府勢力は、不利な状況下で正規軍と戦っているのですから、そんな余裕はないかもしれません。しかし、現状では、事件の真相は確認できていません。でも、例えば「日本人だ」と叫んだ男が暗殺団の協力者であることは間違いない状況なのですから、この男を捕まえることができないまでも、誰であり、どういう背景があるか、といった確かな情報を示すことは可能と思われます。顔と服装がはっきり映っているのですから。
事件の真相を究明し世界に示すことは、それが反政府勢力側であれ、政府側であれ、自軍側を利する大きな力となるでしょう。そのように関係者に呼びかけて行きたいものです。